よくある109の質問  3/109 「エアサイクル」と名づけた家がいろいろあるようですが。

「エアサイクル」と名づけた家がいろいろあるようですが。

1977年に開発者の田中慶明が、空気循環する家を意味する「エアサイクル住宅」を発案しましたが、商標登録を当時のパートナーである共同開発者(故人)の名前でしました。

2年後には二人は別れることになるのですが、それを機に、二人が正式に使用できることになり、故人は、メーカーにその名前を譲り、フクビ「エアサイクルの家」として名称が使われ、エアサイクル住宅はPAC住宅に発展していきます。

どちらも会員工務店を組織化(当社は1997年に解散)していましたので、そこを離脱した工務店が、エアサイクルの名前をそのまま使用しつづけたり、また、わかりやすい用語ということもあり商標登録ではなく一般用語と勘違いして使われたりする会社も数多くありますのでご注意ください。

尚、当社のエアサイクル住宅はPAC住宅(パッシブエアサイクル住宅)と表現しています。

お客様の声

  1. https://ac-renove.com/sos/sos-4/また、北側…
  2. 同じ家の中なのに、明るい部屋と暗い部屋がある。また暑いくらいの部屋と同時に寒い部屋…
  3. 自然素材のリフォームで安心して過ごせる毎日をhttps://ac-renove.…
  4. 新しい家に住んだら広くなったせいか、あまり家族が顔をあわせなくなった。子供が学校から帰ってくると自…
  5. 木造アパートのリノベーション事例です。キッチンやユニットバスの交換はもちろん、基礎や構造の耐震…
PAGE TOP