リフォームで明るい家にするには

リフォームで明るい家にするには

リフォームで明るい家にするには

立地条件に大きく左右はされますが、 自然光をできるだけ建物に取り入れることは重要なことです。 

具体的にできるリフォーム 
(必要に応じて、下記方法を組み合わせていく) 

1.個室だらけの間取りをできるだけ、広がり空間にして光を奥までとどける。 

2.天窓を設け、天空からの光を取り入れる。 

3.吹き抜けを設けて二階からの光を取り入れる。 

4.窓を新設したり、大きくしたりする。 

5.ロフトを設けて、ハイサイド窓や天窓をつける。 

6.階段周りに、窓を新しく設けたり、天窓を付けたりする。 

7.二階の天井を高くしてハイサイド窓や天窓をつける。 

8.内装仕上げを、本物の漆喰にして光を拡散させる。 

9.内装の仕上げを全体に明るくする。 

10.光ダクトを設ける。 

11. LED照明で建築化(間接)照明にする  ⇒ 省エネで、昼間も使いやすくする。 
また、間接照明で部屋全体をバランスよく光を配置し、 部屋全体を均一に明るくしなくても暮らせるようにする。

https://www.facebook.com/yatto33

お客様の声

  1. 住まんとわからん
    (東京都八王子市。Kさん、2001年建築)我が家がPAC住宅となって2年が過ぎました。頭で…
  2. pac住宅に脱房
    (大阪府泉佐野市.Kさん、2002年建築)家を建てるにあたって、私たちがこだわったことは、…
  3. 大胆な発想の家
    (神奈川県厚木市 Iさん、2002年建築)家を建てるなら、設計士さんに依頼し、自分たちの望…
  4. 住まいの健康を手に入れて
    (熊本県熊本市.Uさん、2000年建築)二人目の子どもがお腹にいるとき(199…
  5. 反対の父が今では大賛成
    (東京都目黒区.Tさん、1999年建築)平成10年初め、私は大きなお腹を抱えながら家づくり…
PAGE TOP