家族 生きる

家族 生きる


住まいは生活の器。 
生活はワンパターンではありません。 
現代社会は
多くの生活スタイルをつくりだし、 家族像を大きく変容させました。 
型にはまった間取りでは充足できないでしょう。

家づくりは、 
それぞれの家族の生活を生かしていかなければならない時代になりました。

家づくりは、 
自分そして家族を見つめなおす、 家族のありようを考える
よいチャンスだと言えそうです。 

家づくりは、
人間づくりの一環でもあるでしょう。 
家づくりを契機に、家族の関係をいい意味で 深めていければいいのですが。

家づくりの良さは、 
あらためて家族って、家庭って何だろう、 
何のために家をつくるのかに
思いを至らせる所にも あるでしょう。

素朴ですが、大切な疑問を。 
そして、 いい人生を送るためにも。

お客様の声

  1. 雪国でも吹抜け
    (新潟県新発田市.Tさん、2000年建築)2000年4月に入居し、この1年は単身赴任で東京…
  2. 感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  3. 階段であいさつ
    愛知県日進市。Tさん、1999年建築)人の衣替えよりも少し早い時期、ゴールデンウイークを過…
  4. 住まんとわからん
    (東京都八王子市。Kさん、2001年建築)我が家がPAC住宅となって2年が過ぎました。頭で…
  5. 住まいの健康を手に入れて
    (熊本県熊本市.Uさん、2000年建築)二人目の子どもがお腹にいるとき(199…
PAGE TOP