夏を快適に暮らすヒント   その4    中廊下はつくらない

中廊下はなるべくつくらない 

夏の快適で健康な暮らしを支える重要な要素の一つに、自然な風通し、1/fのゆらぎの風があることを前にお伝えしました。

心地いい自然の風が家の中を吹き抜ける気持ちよさはどなたも経験されていることでしょう。 

しかし最近の家は窓を開けていても、この心地の良い風通しが得にくくなってしまいました。

風が吹き抜けるためには入口と出口が必要です。風上側と風下側に開けられる窓が必要ということです。

普通の家では東西南北にそれなりには窓はあるのですが、間取りがそれに対応していない家が多いのです。 

中廊下の存在です。

中廊下で部屋と部屋が分断されている、それは風からみれば入口と出口が分断されていることになります。そんな家が多くなりました。中廊下をつくらないで住まい心地のいい家をつくりたいものです。 

お客様の声

  1. ひとつのところでなんでも出来るように。みんながいる場所で。まるで平屋のような。この…
  2. 東京都狛江市 Tさん   家族構成 夫・妻・こども2人 以前住んでいたマンションでは結露に…
  3. (東京都練馬区.Fさん、1997年建築)築29年を迎えていた住まいの建替えに際し、実質的で…
  4. 仲良くなる家
    in English 国分寺Oさん建坪9.7坪の中に欲しいモノをいっぱい詰め込んで…
  5. 栃木県Nさん2002年建築夏の最高気温が39、40℃といわれている中で、那須高原にあるわが…
PAGE TOP