夏を快適に暮らすヒント   その5 夜の涼しさを昼間に

夜の涼しさを昼間に 

日射遮蔽がきちっとされて自然の風通しもいい湿度の調整もできている、とても快適な生活空間ができました。

これにもう少し欲をかけば、温度が少しでも低かったらなということでしょう。

クーラーで冷やすのではなくできれば自然の要素で多少なりとも涼しさが得られたらそれに越したことはありません。 

熱帯夜といえども当然昼間の温度よりはかなり低いのです。

この夜の涼しさを昼間使えたら快適さをさらにアップさせることが可能となります。

流れる空気で夜の涼しさを建物に貯え昼間にそれを使うのがPAC住宅です。

Pはパッシブ、Aはエア、Cはサイクルです。

機械設備を使わないで自然の涼しさを建物の中に採り入れて、流れる空気で建物の隅々までと届ける、そんな住宅システムです。 

お客様の声

  1. https://ac-renove.com/sos/sos-4/また、北側…
  2. 同じ家の中なのに、明るい部屋と暗い部屋がある。また暑いくらいの部屋と同時に寒い部屋…
  3. 自然素材のリフォームで安心して過ごせる毎日をhttps://ac-renove.…
  4. 新しい家に住んだら広くなったせいか、あまり家族が顔をあわせなくなった。子供が学校から帰ってくると自…
  5. 木造アパートのリノベーション事例です。キッチンやユニットバスの交換はもちろん、基礎や構造の耐震…
PAGE TOP