床下の毒ガス防蟻処理剤

家族の健康を犠牲に防蟻対策、シロアリ防止

「床下の毒ガス」

1994年この言葉でシロアリ防除剤の恐ろしさを知った。

当時、横浜国立大学環境科学センター教授の加藤龍夫先生の著書「農薬と環境破壊56話」でこの「床下の毒ガス」という言葉に出会った時は衝撃的であった。 

すぐに加藤先生を訪ね、その恐ろしさを再認識するとともに、PAC住宅での実体調査をしてもらった。 

当時はPACグループと称し工務店の会員制での普及を図っていた。

会員会社にも協力してもらい、新築直後のPAC住宅と、ひと夏を経過したPAC住宅を対策として、床下空間と一階と二階の各部屋の空気分析を実施。 

1994年当時は今と違って、健康建材などは存在せず、そのため建築中の現場では目はチカチカ涙が浮かび、鼻はつんつん、喉は痛くなる有様。入居後も程度が軽くなるだけで、同様の不快感があった。 

その中でもPAC住宅の場合は、ひと夏を過ごすと、室内ではそうした不快感や臭いやなどがなくなっていた。

それはPAC住宅の夏の躯体内空間の空気の流れで建物内の有害な化学物質が揮発し外へ捨てられていたためである。 

シロアリ防除剤の有害な成分も揮発して、ひと夏で無くなると期待しての測定であった。 

しかし、前もって建物に使用されていた材料の調査から検出されていた他の20種類余りの化学物質は、見事に建物内からは抜けており、機械での分析では検出されなかったが、シロアリ防除剤の有害な化学成分だけは残り、室内の空気からも高レベルで検出された。 

これはおそろしいことと、当時の会員会社と真剣な話し合いのもと、すぐさま、薬剤による防蟻処理を廃止した。 

もともとPAC住宅は1年を通して、床下や壁の中、天井裏などの風通しが良く、長期に亘る土台など構造材の含水率も大学機関により計測され、極めて乾燥状態がいいことも確認されていたので、安心して、健康に被害をもたらす薬剤によるシロアリ防除処理をやめることができたわけである。 

当時の住宅金融公庫が薬剤による防蟻処理を義務づけていた時代であったが、建て主との話し合いで健康に害になる防蟻処理をやらずにすませていた。

その数年後には私たちも含む働きにより、ようやく、薬剤による防蟻処理の義務づけはなくなり、PACでしていたような、建築的手法によるシロアリ対策も認められた。 

1994年以降、PAC住宅では、薬剤による防蟻処理はしていないが、深刻なシロアリ被害の報告は、会員制度の時代(1997年にPACグループは解散)も、現在もない。 

そうではあるが、住宅業界全体を見渡してみると、相変わらず、薬剤のよるシロアリ防除が多くおこなわれ、建築的手法によるものは少ない。

建物の地盤に、構造材に農薬処理をしておきながら、健康住宅を称す無神経さは滑稽でもある。

最近、新しいシロアリ被害の問題として、乾燥した材料を好む外来のアメリカカンザイシロアリの問題が急速にクローズアップされてきた。 

従来の日本のシロアリは、湿気を好み、水分が必要であったが、全く正反対のシロアリの出現には驚かされるものがある。 

面白いもので、その中から、従来のシロアリにもゴキブリなどにも、そしてアメリカカンザイシロアリにも効果のある、しかも、ここが最も重要なことであるが、人にも犬や猫などのペットにも一切の健康被害をもたらせない対策が表にでてきた。

ホウ酸による対策である。

長くなってきたので、項目を改めてお知らせしたいと思う。

田中慶明

お客様の声

  1. 犬好きか否かは、育った環境で決定づけられる気がする。ちなみに私は生まれた時から現在に至るまで犬か猫…
  2. 犬と暮らすということ
    わが家は柴犬のピピともも、甲斐犬のカイと女の子ばかりの多頭飼い。一人っ子と多くの兄弟の中で育った子…
  3. 3世代で健康に暮らす 無垢の木と断熱リフォーム
    品川区O邸築40年の木造住宅を高断熱の二世帯住宅へリノベーション【建て主様の声:入…
  4. エアコンのコンセントはいらない
    (佐賀県三養基郡・Sさん、1997年建築)入居して今年でちょうど6年になります。P…
  5. PAC住宅お客様の声
    ひとつのところでなんでも出来るように。みんながいる場所で。まるで平屋のような。この…
PAGE TOP