夏を快適に暮らすヒント   その3 熱い太陽光は窓の外側で遮る

熱い太陽光は窓の外側で遮る 

太陽光がガンガンと直接室内に入り込んでしまう家では、どんな工夫をしても快適な暮らしの空間にはなりえません。 

夏は窓から入り込む日差しをいかに防ぐかが快適な暮らしの決め手の一つです。その日射遮蔽を効果的に行うポイントがあります。

窓の外側でするという事です。

伝統的な葦簀(よしず)や簾(すだれ)を思い起こして下さい。日射遮蔽を目的としたものは外側に付けています。 

現代の代表的の日射遮蔽の道具の一つはブラインドです。そのブラインドは、ほとんどが窓の内側にあります。

もちろんブラインドですから太陽光をはねっ返し日射遮蔽の目的は果たしているのですが、ブラインドそのものは太陽に暖められて熱くなってしまいます。

窓際にパネルヒーターが置いてあるような状況になります。ブラインドに心があればハムレットのような心境でしょうか。

To be or not to be 

熱さを防ぐべきか熱さをもたらすべきか。 

お客様の声

  1. https://ac-renove.com/sos/sos-4/また、北側…
  2. 同じ家の中なのに、明るい部屋と暗い部屋がある。また暑いくらいの部屋と同時に寒い部屋…
  3. 自然素材のリフォームで安心して過ごせる毎日をhttps://ac-renove.…
  4. 新しい家に住んだら広くなったせいか、あまり家族が顔をあわせなくなった。子供が学校から帰ってくると自…
  5. 木造アパートのリノベーション事例です。キッチンやユニットバスの交換はもちろん、基礎や構造の耐震…
PAGE TOP