自然素材を使うだけで、健康な家にはならない   

In English

自然素材リフォーム、自然素材リノベーションその前に

自然素材,無添加材料を使っただけでは,健康な住まいにはならない

人間の健康も 食事、運動、環境、ストレス、心のあり方、 人間関係など様々な要素で成り立っている 。

と同様に、 健康な住宅も、 工法、間取り、材料、携わる人の気持ち、住む人の生き方など 様々な要素が組み合わさって成り立つものである。

自然素材、無添加材料は、そのほんの一部分でしかない。

自然素材を使うのであれば、最低限、次のことを考えておかなければならない。

自然素材の代表格は、無垢の木や本物の漆喰などだが、こうした自然素材は生かして使う必要がある。

生かして使うとはどういう事でなのか。

流れる空気にふれる場所、呼吸できる所に使わないと、 腐朽菌が繁殖しやすくなるし、 カビやダニも呼び込んでしまう。

そうなると、かつての二の舞。

アトピーやアレルギーの原因が住まいにあった。と新聞紙上で大きく取り上げられる時代があった。

当時はゆわゆる無垢の木や本畳などが使われていた。そこにダニやカビが発生し、アトピー性皮膚炎の原因になった。

住宅の気密化が始まったが湿気対策は施されていない、そんな時代であった。

そのカビやダニ対策として 無垢の木や本畳など の自然素材は使われなくなり、工業製品であるいわゆる建材に変わり、その製品の中には殺菌剤など農薬や化学物質が添加されるようになった。

そして、今度はその添加物が原因となり、化学物質過敏症の問題が発生した。シックハウスである。

やがて、その農薬や化学物質の臭いを消す技術が発達し、 臭いを感じさせないようになり、 問題は潜在化された分、より深刻になっている。

いずれにしても、自然素材にカビやダニを発生させないためには、 自然素材は風通しのいい場所に使うという本来の原則を守る必要がある。

お客様の声

  1. https://ac-renove.com/sos/sos-4/また、北側…
  2. 同じ家の中なのに、明るい部屋と暗い部屋がある。また暑いくらいの部屋と同時に寒い部屋…
  3. 自然素材のリフォームで安心して過ごせる毎日をhttps://ac-renove.…
  4. 新しい家に住んだら広くなったせいか、あまり家族が顔をあわせなくなった。子供が学校から帰ってくると自…
  5. 木造アパートのリノベーション事例です。キッチンやユニットバスの交換はもちろん、基礎や構造の耐震…
PAGE TOP