PAC住宅は空気の流れでゆらぎ健康空間

PAC住宅の 「壁の中の空気の流れ」は、いろいろな役割を果たしています。 
最近では、
「1/fのゆらぎ」を起こしているのではと思っています。

1/fのゆらぎの理論は完全に解明されているわけではありませんので、 PAC住宅の空気の流れが確実に、1/fゆらぎだと言い切れないでしょう。 


無垢の木や本物の漆喰、微妙な変化に富んだ空間づくりなどが PAC住宅の特徴ですし、そうした要素で、1/fのゆらぎは発生しているようですから、 素材の効果もありますが、どうも、そればかりではないようです。 


実際に、無垢の木と本物の漆喰、変化にとんだ居住空間の家で、 一つはPAC住宅の家、もう一つは普通の家に、比較検討に訪れた方の お話をお聞きしました。 


PAC住宅は入った瞬間に明らかに違ったそうです。 それは、「空気が丸い。」 同じ本物の自然素材の空間でありながら、 その心地よさはPAC住宅の方が良かったとのこと。 


その結果、心地よさには変えられないとPAC住宅建築され、今では、その方もPAC住宅の住人となられました


もちろん、PAC住宅の効果は多種多様にわたっていますから、 その複合効果なのでしょうが、 1/fのゆらぎ効果もやがて証明されるのではないかと信じています。

お客様の声

  1. https://ac-renove.com/sos/sos-4/また、北側…
  2. 同じ家の中なのに、明るい部屋と暗い部屋がある。また暑いくらいの部屋と同時に寒い部屋…
  3. 自然素材のリフォームで安心して過ごせる毎日をhttps://ac-renove.…
  4. 新しい家に住んだら広くなったせいか、あまり家族が顔をあわせなくなった。子供が学校から帰ってくると自…
  5. 木造アパートのリノベーション事例です。キッチンやユニットバスの交換はもちろん、基礎や構造の耐震…
PAGE TOP