健康住宅は1/fのゆらぎ空間

健康住宅は1/fのゆらぎの空間

PAC住宅の健康性を説明するのに、 1/fのゆらぎが当てはまります。

以前から 1/fのゆらぎを起こせる シーリングファンはすすめてきましたが、 無垢の木や本物の漆喰など自然素材の肌合いや凹凸、 そして、 広がり空間という変化に富んだ空間、 さらには、 PAC住宅を特徴づける部屋の周り、 内壁空洞など躯体内空間のエアサイクルと言われる 自然な空気の流れなどが、 1/fのゆらぎを建物全体に醸し出していると思われます。 

この1/fのゆらぎが一層解明されていくことが楽しみです。

参考 
http://www.pppac.com/kenkoujutakuha1fkuukan.html

お客様の声

  1. 雪国でも吹抜け
    (新潟県新発田市.Tさん、2000年建築)2000年4月に入居し、この1年は単身赴任で東京…
  2. 感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  3. 階段であいさつ
    愛知県日進市。Tさん、1999年建築)人の衣替えよりも少し早い時期、ゴールデンウイークを過…
  4. 住まんとわからん
    (東京都八王子市。Kさん、2001年建築)我が家がPAC住宅となって2年が過ぎました。頭で…
  5. 住まいの健康を手に入れて
    (熊本県熊本市.Uさん、2000年建築)二人目の子どもがお腹にいるとき(199…
PAGE TOP