毒にも慣れる

毒にも慣れる

最初は感じていた臭い
慣れて不感症
知らぬ間に健康を侵される

人の機能は素晴らしい。 
つらいこと苦しいことにも慣れていく。 
逆境の中にも、夢を見られる。
すごいことと感心するが、 その副作用であろうか、人の身体は毒にも慣れていく。 

忍者が毒殺に備えて小さいころから 少しずつ毒を身体になじませていき 普通の人の致死量では平気な身体にしていったという話も、 まんざら嘘ではないように思える。 

毒になじんで致死量が上がったとしても、 毒が栄養素にかわるわけもない。
要は、身体をなだめすかし、 ごまかして、毒に不感症にさせていったのであろう。

言葉を変えていえば、緩慢なる自殺である。
昔の人の寿命は相当に短かったし、ましてや忍者、 長生きなんて考えもしなかったのであろう。 

現代の家づくりの多くは、 
化学物質が多く添加された 資材、建材、接着剤などでつくられている。 
それらを毒と言い切ってしまうのは言いすぎであろうが、 薄まった毒の空間の中で暮らしていくことを、 現代人の宿命とあきらめてはいけない。

お客様の声

  1. 雪国でも吹抜け
    (新潟県新発田市.Tさん、2000年建築)2000年4月に入居し、この1年は単身赴任で東京…
  2. 感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  3. 階段であいさつ
    愛知県日進市。Tさん、1999年建築)人の衣替えよりも少し早い時期、ゴールデンウイークを過…
  4. 住まんとわからん
    (東京都八王子市。Kさん、2001年建築)我が家がPAC住宅となって2年が過ぎました。頭で…
  5. 住まいの健康を手に入れて
    (熊本県熊本市.Uさん、2000年建築)二人目の子どもがお腹にいるとき(199…
PAGE TOP