自然素材で健康住宅

建物の呼吸を確保して、生きている家をつくる

生きている材料を生かして使ってこそ、建物そのものが健康になり、住んでいる家族も健康に活き活きと暮らせる。そんな家づくりをしたい。

生きている材料を生かして使う。それは簡単で単純なことだ。

生きているものは呼吸が必要だ。

呼吸とは、空気を吸ったり吐いたりすること。

それも新鮮な空気がいい。

無垢の木や板、添加物を含まない漆喰など自然素材を呼吸できるようにする。

そのためには、空気にふれさせて使う事だ。

それも淀んでいない空気、流れている空気に囲まれて、使う事が理想だ。

無垢の土台や柱、梁や桁などの構造材を、いつも流れる空気にふれさせる。

床や壁・天井の無垢の板や漆喰、エコクロスにも流れる空気がふれている。

こうした状態になる、家の建て方や間取りそして生活の仕方がポイントだ。

具体的な方法を、簡単に見てみよう。

土台や柱・梁などの構造材は、どこにあるか。

土台は床下空間にある。

柱は壁の中だ。

そして梁や桁は、天井裏である小屋空間や一階と二階の間、すなわち、ふところ空間にある。

間柱や筋交いそして大引きや根太・垂木など他の構造材も皆、この空間にある。

この床下空間、壁内空間、一階二階のふところ空間、小屋空間をすべて合わせて、躯体内空間という。

この躯体内空間に常時、空気が流れていれば、住宅を支えるすべての構造材には、いつも流れる空気がふれていることになる。

一方、床や壁、天井は室内空間を構成する材料であるが、それぞれの裏面を見ると、全て、この躯体内空間に面している。

すなわち、裏面は、いつも流れる空気にふれていることになる。

そして、これらの表面は室内側である。

室内全体に穏やかな風の流れがあれば、表面もいつも流れる空気にふれているわけである。

そのためには、風の流れを妨げない、中廊下で分断されない間取りが望ましい。

いわゆる広がり空間の間取りである。

整理すると、建物の見えない部分である躯体内空間と、見える部分である室内空間に、いつも穏やかに風が流れていればいい。

風が流れるようにすることは、さほど難しいことではない。
しかし、この風の流れによって、冬期間は寒くなってしまったり、夏期間に暑くなってしまったりしては、とても住み心地が悪くなってしまう。

住み心地を良くするためには、冬は暖かい空気が流れ、夏は涼しい空気が流れればいい。

こうした考え方をパッシブソーラーとして現実的に可能としたのが、PAC住宅だ。

PACとは、パッシブPassive ・ エアAir ・ サイクルCycleの頭文字をとったもの。

1977年にスタート、十分に実績を積み上げているシステムである。

建物そのものが、四季を通じて、常に呼吸している家だ。

いつも呼吸をしている生きた家である。

その具体的な内容は徐々にふれていこう。

田中慶明

https://www.facebook.com/yatto33

お客様の声

  1. スローライフ
    (岐阜県多治見市・Sさん、2000年建築)今、自然と共に生きることの素晴らしさを実感してい…
  2. 真冬や真夏に訪れるお客様が感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  3. 大工の腕がいい
    (神奈川県横浜市 Iさん、2001年建築)気に入った土地が見つかり、土地売買契約をしてから…
  4. シックハウスから健康住宅へ
    (兵庫県津名郡・Aさん、2002年建築) 私の場合、多少の自然志向はあったものの家…
  5. ヒーリング ハウス 居心地 健康 
    居ながらにして森を感じる「ヒーリングハウス」です(東京都世田谷区.Mさん、2001年建築)…
PAGE TOP