ホリスティックな健康住宅

自立と尊厳  それがホリスティックな仲間

自立と尊厳。
この言葉の意味合いを、流れる空気の家PAC住宅の入居者でもある、障害者を支援してきたある会社のオーナーから教えていただいた。
最近の障害者を支援する設備機器類は相当に進歩している。

しかし、介護する人が楽になるような観点に陥りがちで、障害者に思いやりが不足しがちになる、と。
どのような意味であるのか、耳をそばだてた。

人間は誰でも誰かのお役に立ちたいと、心の底では思っている。

それは障害者も同じことだ。
世話を見られるだけの存在ではありたくない。

なくとも自分でできることは自分でしたいし、何らかの意味で、人のお役に立てたなら、との思いは根強く存在している。
その思いを考慮して、やり過ぎないセンスも必要となる。

設備でも大げさなものでなくても手すりだけでもいい場合もある。
障害者の身体にだけ配慮するのではなく、心に寄り添った仕組みが必要なのだと。

それが「自立と尊厳」。
もちろん社会的にはもっと大きな意味合いもあるが、人間の原点として、人のお役に立ちたいという本能ともいえる気持ちを大切にする、と受け止めた。

これは障害者ばかりではなく、全ての人間関係に必要な要素だと思う。

一方通行ではなく、双方通行。

提供される側とする側ではなく、提供されたりしたりする関係。
教える側と教えられる側にとどまらず、相互に教えたり教えられたりの関係。
この両方向性は、全ての人間関係の極意であろう。

いい夫婦は、たとえどんなに年の差があっても学びあっている。

親は子供から教えられることが多い。

社長は社員から学ぶことも多々ある。

先生は生徒から教えられる。

そして

面倒を見てもらうだけ、見るだけの関係。

教えてもらう、教えるだけの関係。

愛される、愛するだけの関係。

どんな関係でも、片方しかないなんて関係は存在しない。

一方通行と勘違いしていれば、その関係はうまくいかない、長続きしないだろう。

こうした双方向性を理解していれば、人間関係はとてもうまくいく。

「流れる空気の住まい」を軸にすえながら、
参加する人の相互のノウハウを吸収し合いながら高めていく、
お互いのいい所や特徴を認め合いながら伸ばしていく、
お互いの気持ちを尊重する、

そんな本来あるべき人間の姿を見つめていきたい。

「自立と尊厳」
そんな仲間づくりをしていきたい。
そんな仲間は、どこか魂でもつながっているのであろう。

2013.10.21   

田中慶明

https://www.facebook.com/yatto33

お客様の声

  1. 栃木県Nさん2002年建築夏の最高気温が39、40℃といわれている中で、那須高原にあるわが…
  2. 愛知県Kさん2000年建築私たち夫婦と小学生の息子は5年前のお盆にこの家に入居しましたが、…
  3. 広島県Hさん2003年建築初めてPACに出会ったのは、インターネットのホームページだった。…
  4.                     神奈川県Kさん2000年建築建て主不在でできた家…
  5.               神奈川県Sさん2003年建築「この家を建て替えるか::。」わが…
PAGE TOP