毒にも慣れる

人の機能は素晴らしい。 
つらいこと苦しいことにも慣れていく。 
逆境の中にも、夢を見られる。
すごいことと感心するが、 その副作用であろうか、人の身体は毒にも慣れていく。 

忍者が毒殺に備えて小さいころから 少しずつ毒を身体になじませていき 普通の人の致死量では平気な身体にしていったという話も、 まんざら嘘ではないように思える。 

毒になじんで致死量が上がったとしても、 毒が栄養素にかわるわけもない。
要は、身体をなだめすかし、 ごまかして、毒に不感症にさせていったのであろう。

言葉を変えていえば、緩慢なる自殺である。
昔の人の寿命は相当に短かったし、ましてや忍者、 長生きなんて考えもしなかったのであろう。 

現代の家づくりの多くは、 
化学物質が多く添加された 資材、建材、接着剤などでつくられている。 
それらを毒と言い切ってしまうのは言いすぎであろうが、 薄まった毒の空間の中で暮らしていくことを、 現代人の宿命とあきらめてはいけない。

お客様の声

  1. https://ac-renove.com/sos/sos-4/また、北側…
  2. 同じ家の中なのに、明るい部屋と暗い部屋がある。また暑いくらいの部屋と同時に寒い部屋…
  3. 自然素材のリフォームで安心して過ごせる毎日をhttps://ac-renove.…
  4. 新しい家に住んだら広くなったせいか、あまり家族が顔をあわせなくなった。子供が学校から帰ってくると自…
  5. 木造アパートのリノベーション事例です。キッチンやユニットバスの交換はもちろん、基礎や構造の耐震…
PAGE TOP