リフォームで建物は長生きに人は健康に

リフォームで建物は長生き人は健康に

いよいよ本格的なリフォームの時代がやってくる。

これまではわずか20年30年で建物を取り壊し新築の家を建てていたが、これからはいかに建物を長生きさせて快適に暮らせるかといったリフォームのあり方が問われてくる。

従来のリフォームは、屋根や外壁の塗装のし直し、古くなった水回りを取り換える、そのついでにクロスを張り替えるなどお化粧直し的な要素が強かった。

きれいになることは気持ちよく素晴らしいことではあるが、リフォームをしてから何十年も住もうとなると、リフォームをもう少し、根本から考え直す必要があるだろう。 

リフォームに当たって
住まいとは何かを改めて問い直していただきたい。

住まいは私たちがプライベートに時間を過ごす場所、個人的な環境である。一人の方も家族と共に過ごされる方も、いずれも私たちを守り、健康にも寄与し、できるだけ快適に、そして家族がいれば仲よく暮らせる空間が、リフォームに求められていくだろう。

そうした観点からみれば、新築住宅に求められる要素と何ら変わることはない。
 

住宅業界もご多分にもれず伝統文化はすたれ、新しい形の日本に適した家の形を模索し混乱を極めている。


簡単に言ってしまえば、雨や湿気の多い気候風土に適した風通しのいい夏を旨とした開放型家づくりから、冬を暖かくと断熱気密が進み密閉型の建物になり、温度や湿度のコントロールを機械に依存する暮らしに移行した。

その結果が、ハウスダストが原因のアトピー性皮膚炎や建材の添加物による化学物質過敏症や、個室だらけの間取りで家族のふれあいが少なくなる、建坪はそれなりに大きいのに暮らす空間は狭いという、おかしな混乱状況が続いている。

さらにはその混乱を小手先の技術や設備で解決できますと雨後の竹の子のようにわけのわからない工法などが乱立し混乱に拍車をかけている。
おそらくこの混乱が収まり、新しい日本のスタンダードとなる家の工法なり建て方が分かり落ち着いてくるのに後半世紀はかかるのではないかと危惧している。
 

人間は環境の生き物と言われるが、家も同じだと思う。

家のあり方は国々によって違うはずだ。気候風土が違う、暮しの伝統文化も違う、家族のあり方も違う、ワールドワイドになったとはいえ、家はその土地柄にあった、暮しにあった土着的なものだと思う。

大きくは国土によって違うし、個々人の生活によっても異なる。

リフォームも同じこと、日本には日本の気候風土に適した方法があるはずだ。その上で個々人の生活や感性に合わせて工夫をしていけばいいと思う。

そうした意味で言えば日本で最も重視しなければいけない要素は、「湿気」だ。

そして現代的問題で言えば建材などの「化学物質による汚染」の問題。

生活感から言えば「つかず離れず感覚の空間」ということになる。

そうしたことを前提に個人の、家族の感性に適したデザインをしていけばいい。

お客様の声

  1. エアコンのコンセントはいらない
    (佐賀県三養基郡・Sさん、1997年建築)入居して今年でちょうど6年になります。P…
  2. PAC住宅お客様の声
    ひとつのところでなんでも出来るように。みんながいる場所で。まるで平屋のような。この…
  3. 気持ちのいい家 東京都狛江市 Tさん
    東京都狛江市 Tさん   家族構成 夫・妻・こども2人 以前住んでいたマンションでは結露に…
  4. 心地いい広がり空間
    (東京都練馬区.Fさん、1997年建築)築29年を迎えていた住まいの建替えに際し、実質的で…
  5. 大工の腕がいい
    (神奈川県横浜市 Iさん、2001年建築)気に入った土地が見つかり、土地売買契約をしてから…
PAGE TOP