リフォームで生活にあった間取りにする

リフォームで生活にあった間取りにする

家族数や生活の変化で使いにくくなってしまった 間取りをリフォームで使いやすくしたい 

建物の構造によってできることとできないことがありますが、 基本は、現状の生活を見つめ、その暮らしに適した間取りに 近づけていくことです。 また、合わせて耐震補強もしていきます。

1. 現状の間取りの問題点をしっかりと把握する。 

2. どのように改善したらいいのか、トータルに検討する。

具体的な例として 

1.リビングとキッチンを二階に移動。 
2.浴室を二階に設ける。 
3.二階全体を、一つながりの空間にする。 
4.複数の個室の壁を取り払いひとつの空間にする。 
5.吹き抜けを設ける。 
6.ロフトを設ける。 
7.浴室の壁・天井を無垢の木にする。 
8.玄関を広々させる。 
9.空いている部屋を使い勝手のいい書庫や収納スペース、ホビールームにする。 
10.ドアを引き戸に変える。 
11.ミュージックルームを設ける。

リビング
天窓でキッチンを明るく
天井の高いリビング

https://www.facebook.com/yatto33

お客様の声

  1. 3世代で健康に暮らす 無垢の木と断熱リフォーム
    品川区O邸築40年の木造住宅を高断熱の二世帯住宅へリノベーション【建て主様の声:入…
  2. エアコンのコンセントはいらない
    (佐賀県三養基郡・Sさん、1997年建築)入居して今年でちょうど6年になります。P…
  3. PAC住宅お客様の声
    ひとつのところでなんでも出来るように。みんながいる場所で。まるで平屋のような。この…
  4. 気持ちのいい家 東京都狛江市 Tさん
    東京都狛江市 Tさん   家族構成 夫・妻・こども2人 以前住んでいたマンションでは結露に…
  5. 心地いい広がり空間
    (東京都練馬区.Fさん、1997年建築)築29年を迎えていた住まいの建替えに際し、実質的で…
PAGE TOP