品「いっぴん」「ひとしな」を家づくりに

一品「いっぴん」「ひとしな」を家づくりに

せっかくの注文住宅「あなたらしさ」があれば素敵ですね。 
「一品」は、あなたらしさの象徴です。
「一品」を「ひとしな」と読むか「いっぴん」と読むかで、 だいぶイメージが変わりそうですが、 どちらもユニークな「あなたらしさ」を表わしています。

あなたの「ひとしな」「いっぴん」はなんですか。

思い出の「石」を壁に埋め込む。 
集めてきたアンティークな照明の傘、欄間。 
茶室や床の間をそのまま新しい家に。 
この天井の板、床板をどこかに生かして使う。 
子どもの成長記録が残る柱や板を壁にはめ込む。 
好きな作家のアイアンを陶器をガラスを・・・ 
ウォールナットで家具もカウンターも階段板・・・ 
LEDで自作の照明器具を・・・ 
吹き抜けの壁に自分で絵を描く・・・ 
自作の布を天井からつるす・・・ 
などなど 
楽しいことはたくさんありますね。


 

お客様の声

  1. https://ac-renove.com/sos/sos-4/また、北側…
  2. 同じ家の中なのに、明るい部屋と暗い部屋がある。また暑いくらいの部屋と同時に寒い部屋…
  3. 自然素材のリフォームで安心して過ごせる毎日をhttps://ac-renove.…
  4. 新しい家に住んだら広くなったせいか、あまり家族が顔をあわせなくなった。子供が学校から帰ってくると自…
  5. 木造アパートのリノベーション事例です。キッチンやユニットバスの交換はもちろん、基礎や構造の耐震…
PAGE TOP