品「いっぴん」「ひとしな」を家づくりに

一品「いっぴん」「ひとしな」を家づくりに

せっかくの注文住宅「あなたらしさ」があれば素敵ですね。 
「一品」は、あなたらしさの象徴です。
「一品」を「ひとしな」と読むか「いっぴん」と読むかで、 だいぶイメージが変わりそうですが、 どちらもユニークな「あなたらしさ」を表わしています。

あなたの「ひとしな」「いっぴん」はなんですか。

思い出の「石」を壁に埋め込む。 
集めてきたアンティークな照明の傘、欄間。 
茶室や床の間をそのまま新しい家に。 
この天井の板、床板をどこかに生かして使う。 
子どもの成長記録が残る柱や板を壁にはめ込む。 
好きな作家のアイアンを陶器をガラスを・・・ 
ウォールナットで家具もカウンターも階段板・・・ 
LEDで自作の照明器具を・・・ 
吹き抜けの壁に自分で絵を描く・・・ 
自作の布を天井からつるす・・・ 
などなど 
楽しいことはたくさんありますね。


 

お客様の声

  1. 雪国でも吹抜け
    (新潟県新発田市.Tさん、2000年建築)2000年4月に入居し、この1年は単身赴任で東京…
  2. 感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  3. 階段であいさつ
    愛知県日進市。Tさん、1999年建築)人の衣替えよりも少し早い時期、ゴールデンウイークを過…
  4. 住まんとわからん
    (東京都八王子市。Kさん、2001年建築)我が家がPAC住宅となって2年が過ぎました。頭で…
  5. 住まいの健康を手に入れて
    (熊本県熊本市.Uさん、2000年建築)二人目の子どもがお腹にいるとき(199…
PAGE TOP