セキュリティは、まず建築的に

防犯・セキュリティ のヒント

泥棒は 姿が見られることや声や侵入の際の音を聞かれること、 ましてや、それが記録されることは避けようとします。
そうであれば、 外から建物の周りにいる人の姿が見えやすい、 建物に近づく時に音がするなどの工夫は とても有効な防犯対策になります。


侵入した時に、
光で照らされる、警告音がなる、 記録に残る工夫を!

人間は頭が入りさえすれば、 侵入することは可能です。
頭が入らなければ、 そこからは絶対に入れないという事です。
15cmから18cm程度の巾で あれば安心できます。

注意!
入れないという事は出られないということです。
火事や地震の時、 そこから外へは出られないという事をお忘れなく!

お客様の声

  1. 犬好きか否かは、育った環境で決定づけられる気がする。ちなみに私は生まれた時から現在に至るまで犬か猫…
  2. 犬と暮らすということ
    わが家は柴犬のピピともも、甲斐犬のカイと女の子ばかりの多頭飼い。一人っ子と多くの兄弟の中で育った子…
  3. 自然エネルギーの威力に驚いています福島県会津若松市K様(築1年)以前の…
  4. 何世代も住める日本の『家』。住めば住むほど、愛着を覚える『家』。暮らしやすく、健康になる『家』。誰…
  5. スローライフ
    (岐阜県多治見市・Sさん、2000年建築)今、自然と共に生きることの素晴らしさを実感してい…
PAGE TOP