日射遮蔽の原則

夏を涼しく暮らすためには日射遮蔽はかかせません。

夏を涼しく  日射遮蔽の大原則

ポイントは一つ 

窓の外側で日射遮蔽をすること。

たったこれだけのことが、 現代の家ではほとんど行われていません。 多くが窓の内側すなわち室内側でなされています。 
例えば、ブラインド、カーテン、内障子など。 
窓の内側の日射遮蔽では、 熱をさえぎる効果は半分くらいになってしまいます。

なぜならば、 太陽熱で熱くなったブラインドなどが 室内にあるのですから、いくら反射してくれても ブラインド自体が熱くなっていますから、 その温度で、室内も暑くなってしまいます。

日射遮蔽の原則
日射遮蔽の原則 すだれ
日射遮蔽の原則 よしず

PAC住宅では

「家づくりにおける木陰の涼しさ」の要素を

4つ提案していますが、

その一つが、「窓の外側での日射遮蔽」です。

 PAC住宅の日射遮蔽の例
外付けブラインド
外付けブラインド

お客様の声

  1. 雪国でも吹抜け
    (新潟県新発田市.Tさん、2000年建築)2000年4月に入居し、この1年は単身赴任で東京…
  2. 感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  3. 階段であいさつ
    愛知県日進市。Tさん、1999年建築)人の衣替えよりも少し早い時期、ゴールデンウイークを過…
  4. 住まんとわからん
    (東京都八王子市。Kさん、2001年建築)我が家がPAC住宅となって2年が過ぎました。頭で…
  5. 住まいの健康を手に入れて
    (熊本県熊本市.Uさん、2000年建築)二人目の子どもがお腹にいるとき(199…
PAGE TOP