日射遮蔽の原則

夏を涼しく暮らすためには日射遮蔽はかかせません。

夏を涼しく  日射遮蔽の大原則

ポイントは一つ 

窓の外側で日射遮蔽をすること。

たったこれだけのことが、 現代の家ではほとんど行われていません。 多くが窓の内側すなわち室内側でなされています。 
例えば、ブラインド、カーテン、内障子など。 
窓の内側の日射遮蔽では、 熱をさえぎる効果は半分くらいになってしまいます。

なぜならば、 太陽熱で熱くなったブラインドなどが 室内にあるのですから、いくら反射してくれても ブラインド自体が熱くなっていますから、 その温度で、室内も暑くなってしまいます。

日射遮蔽の原則
日射遮蔽の原則 すだれ
日射遮蔽の原則 よしず

PAC住宅では

「家づくりにおける木陰の涼しさ」の要素を

4つ提案していますが、

その一つが、「窓の外側での日射遮蔽」です。

 PAC住宅の日射遮蔽の例
外付けブラインド
外付けブラインド

お客様の声

  1. 住まんとわからん
    (東京都八王子市。Kさん、2001年建築)我が家がPAC住宅となって2年が過ぎました。頭で…
  2. pac住宅に脱房
    (大阪府泉佐野市.Kさん、2002年建築)家を建てるにあたって、私たちがこだわったことは、…
  3. 大胆な発想の家
    (神奈川県厚木市 Iさん、2002年建築)家を建てるなら、設計士さんに依頼し、自分たちの望…
  4. 住まいの健康を手に入れて
    (熊本県熊本市.Uさん、2000年建築)二人目の子どもがお腹にいるとき(199…
  5. 反対の父が今では大賛成
    (東京都目黒区.Tさん、1999年建築)平成10年初め、私は大きなお腹を抱えながら家づくり…
PAGE TOP