日射遮蔽の原則

夏を涼しく暮らすためには日射遮蔽はかかせません。

夏を涼しく  日射遮蔽の大原則

ポイントは一つ 

窓の外側で日射遮蔽をすること。

たったこれだけのことが、 現代の家ではほとんど行われていません。 多くが窓の内側すなわち室内側でなされています。 
例えば、ブラインド、カーテン、内障子など。 
窓の内側の日射遮蔽では、 熱をさえぎる効果は半分くらいになってしまいます。

なぜならば、 太陽熱で熱くなったブラインドなどが 室内にあるのですから、いくら反射してくれても ブラインド自体が熱くなっていますから、 その温度で、室内も暑くなってしまいます。

日射遮蔽の原則
日射遮蔽の原則 すだれ
日射遮蔽の原則 よしず

PAC住宅では

「家づくりにおける木陰の涼しさ」の要素を

4つ提案していますが、

その一つが、「窓の外側での日射遮蔽」です。

 PAC住宅の日射遮蔽の例
外付けブラインド
外付けブラインド

お客様の声

  1. 福島県Tさん2002年建築夫は無農薬、無化学肥料での家庭菜園づくり、妻の私は長…
  2. 長野県Kさん2003年建築標高600m、まわりは知山に囲まれている。四季折々の山と里の景色…
  3. 「住まいの健康」を手に入れ、アレルギー性湿疹が改善されました。  (熊本県熊本市.Uさん、…
  4. (神奈川県横浜市 Iさん、2001年建築)気に入った土地が見つかり、土地売買契約を…
  5. シックハウスの体験から「安全第一」を求めて  (兵庫県津名郡・Aさん、2002年建…
PAGE TOP