広がり空間小さくつくって広々暮らす家

広がり空間 小さくつくって広々暮らす家 

「小さくつくって広く住む。」 
建築面積は小さくても 広々暮らせる、 
そんなことが 可能なのでしょうか? 

狭く感じる それは

現代の一般的間取りである何LDKは、 個室の集まりですから、 
たとえ50坪家でも、 一つひとつの空間が小さければ 
どこにいても狭苦しく感じてしまいます。

さほど建築面積が大きくない家でも、 
空間が、広く大きく計画されていれば、 
そこにいる方は、 「広々しているな~」  と感じるはずです。 
ここに間取りのヒントがあります。

PACは、 1984年から 「広がり空間」というテーマで、 
「小さくつくって広く住む」という 課題を 追及してきました。

それは、 
家づくりにおける最大コストダウンの要素が 
間取りの工夫にあるということでもあります。

動画 小さくつくって広々暮らす 広がり空間の間取り 2分8秒
 
田中慶明
https://www.facebook.com/yatto33

お客様の声

  1. 自然エネルギーの威力に驚いています福島県会津若松市K様(築1年)以前の…
  2. 何世代も住める日本の『家』。住めば住むほど、愛着を覚える『家』。暮らしやすく、健康になる『家』。誰…
  3. スローライフ
    (岐阜県多治見市・Sさん、2000年建築)今、自然と共に生きることの素晴らしさを実感してい…
  4. 真冬や真夏に訪れるお客様が感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  5. 大工の腕がいい
    (神奈川県横浜市 Iさん、2001年建築)気に入った土地が見つかり、土地売買契約をしてから…
PAGE TOP