あなたが主役の家づくり

あなたが主役の家づくり

家づくりの主役は誰でしょう?

建て主が主役、当り前ですよね

でも、現実は違います。 

住宅展示場でも注文住宅を唱っていますが、大手の家は量産化住宅です。当然、建て主の自由な注文に応えていくことにはかなり限界があります。

量産型の住宅は、生産効率のため設計や使用される材料・設備など、どうしても一定の決められた範囲で選ぶようになってしまいます。その範囲から、外れるととんでもなく高い価格を提示されることもあります。いわゆるお断り価格です。
特に、自然素材や健康な工法など、自社の生産ラインにないものはやりたくないのが本音です。

ある意味、楽な家づくりですが、これは「家をつくる」というよりは「家を買う」という感覚でしょう。家づくりに労力を使いたくない、面倒くさいという方には容易でいいシステムかもしれません。

一方、名前の知れた素晴らしい建築家もたくさんいますが、こちらはブランド品と考えてほうがいいでしょう。建て主の話は聞いてくれるでしょうが、結局は建築家ブランドの家になってしまい、建て主の要望に応えられていないことは良くあることです。

そうした有名な建築家に憧れる方も多いことでしょうが、この場合の主役は、建て主のあなたになることは、まずありえません。惚れ込んでしまって、おまかせしますスタイルになりがちで、有名ブランド品を買う、オートクチュール、デザイナーブランドでといったイメージでしょう。

さしずめ、展示場での家づくりは、プレタポルテといったところでしょうか。

よく聞く話に、営業マンが気に入ったからということがありますが、住宅に大きなこだわりがなければ、それでいいのでしょうが、自分たちの生活にあった家づくりを望むのであれば、これまた論外なのでしょう。

「あなたが主役の家づくり」は、もっと地道なものでしょう。

家は、建て主である「あなたの生活」を反映していくものです。

生活は毎日のことであり、華やかなものではないでしょう。そうした毎日の暮らしをいかに健康に快適に楽しくしていけるか、間取りや工法、使う材料、デザインなど建て主の暮らし、家族関係、建てられる場所など、それぞれの家族に固有な条件を、一つひとつ見つめて生かし、家を丁寧につくり上げていく、その過程そのものが、建て主が主役、あなたが主役といえる家づくりなのだと思います。

建て主が主役、あなたが主役の家づくりは、住まい手とつくり手が心を合わせてつくるエネルギーのいる家づくりなのだと思います。

私たちPACはそうした「建て主が主役の家づくりを」これからもしていきたいと願っています

https://www.facebook.com/yatto33

お客様の声

  1. 雪国でも吹抜け
    (新潟県新発田市.Tさん、2000年建築)2000年4月に入居し、この1年は単身赴任で東京…
  2. 感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  3. 階段であいさつ
    愛知県日進市。Tさん、1999年建築)人の衣替えよりも少し早い時期、ゴールデンウイークを過…
  4. 住まんとわからん
    (東京都八王子市。Kさん、2001年建築)我が家がPAC住宅となって2年が過ぎました。頭で…
  5. 住まいの健康を手に入れて
    (熊本県熊本市.Uさん、2000年建築)二人目の子どもがお腹にいるとき(199…
PAGE TOP