何十年と快適に暮らせるリフォーム

これから先何十年、健康快適に暮せるリフォーム

単なるお化粧直しのリフォームではなく、今後活発になってくるだろう本格的なリフォームを考えてみたい。

建築後30年そんな住宅をリフォームすることで、さらに20年30年と立派に暮らしていける可能性の高い建物は、日本の木の家、在来軸組工法の家だと思う。もちろん民家などの伝統工法の家であれば50年60年経過していてもいけるであろう。

日本の住宅の断熱化気密化が本格的になってきたのが30年ほど前からであるから、それ以前の建物の多くは、隙間風だらけであった。

隙間風と聞くとイメージが悪そうであるが、リフォームに適しているかという立場からは、とても安心できる。寒いなど住まい心地は良くなかったであろうが、隙間風という「流れる空気」に土台や柱そして室内もさらされていたわけであるから、腐れが少ない、腐っていない可能性が高い。

さらに昔の建物は大工さんがまだ伝統工法を知っていたこともあって構造がしっかりしているものが多いこともある。

ただこの頃の基礎はコンクリートに鉄筋が入っていないものも多いので、鉄金入り基礎を抱き合わせるとか炭素繊維シートで基礎を補強するなどの必要はある。

現在は耐震診断も一般的になり様々な耐震補強を前提とした住宅のリフォームが行われているが、ここにも新築住宅の同じ落とし穴がある。

現在の新築住宅は、高断熱高気密、耐震に重きを置いている。それ自体は素晴らしいことなのだが、「湿気」は置き去りにされている。あるいは小手先の技術でしのいでいる。

そうなれば当然リフォームも同じことで、省エネ、耐震ばかりで「湿気」に弱くなってしまう手法が新築同様に多い。さほど遠くない将来の腐れ、湿気による暮らしへの被害の危険性が高くなってしまう。

せっかく20年30年暮らそうと本格的リフォームをするのであれば、土台や柱、梁などの構造材に「流れる空気がふれる」ようにする、部屋の中も風通しのいいようにするという要素を高断熱高気密、耐震に加えることは、日本の木の家、在来工法であれば簡単なことなのだから。

省エネや地震対策を前提として、本来、住宅には最も必要な要素である「湿気」に強く、何十年も省エネや耐震の性能を維持しながら、さらに住む人の健康に貢献し快適な家になるリフォームの概要を見てみよう。

必要であれば基礎コンクリートや耐震の補強は当り前として、まず建物全体を外張り断熱あるいはそれに準じた方法で屋根面、壁面、基礎面に施す。

外張り断熱であれば、
土台や柱、梁などの構造材を「流れる空気にふれさせる」ことができるからだ。

床下空間とすべての壁空洞、1階2階のふところ空間そして小屋空間を空気が流れるように木構造を調整できるからだ。この空気が流れる空間全体を躯体内空間と呼ぶ。

躯体内空間を流れる空気は、構造材である木材を湿気から守り腐朽菌などを寄せ付けずに木材を長寿命にする。

また耐震金物などの結露も外張り断熱と流れる空気で防止でき、金物効果も長期間保てる。

さらには躯体内空間に空気が流れるということは、室内側からみれば、すべての部屋や空間の周りすなわち床の下、部屋を取り囲むすべての壁の裏、天井の上に空気が流れているわけであるから、この流れる空気の温度や湿度をコントロールする手法を加えれば、すべての部屋や空間を取り囲む面の温度をほぼ均一にすることができる。

床、壁、天井を通じて室内環境をコントロールするというまさに健康で快適な環境を作り出す。

躯体内空間の温度、湿度をコントロールする方法は自然のエネルギーを使うパッシブな手法とエアコンなどを使うハイブリッドな方法がある。
それぞれPAC(パッシブエアサイクル)とHAC(ハイブリッドエアサイクル)と呼んでいる。

もうひとつ重要なことは床、壁、天井の下地材と仕上げ材は、湿気を調整できる調湿機能いわゆる呼吸できる材料を使うことである。

それは湿気の多い時はその湿気を吸い保有しておいてくれ、乾燥すると放出して室内空間の湿度を安定化する役割を果たしてくれるし、躯体内空間の湿度コントロールすることで間接的に室内の湿度もコントロールできる。

後は、間取り上の問題。

個室だらけの間取りであれば、風も通らず、日射も遮られる。なおかつ家族も生活上バラバラになってしまう。

本格的なリフォームをするならば、不必要な壁を取り払い、大きな広がり空間にすればいい。構造的補強は例えば門型フレームや箱方フレームといわれるものですればいいし、これらのフレームを使えば、昔の住宅に多い大きな吐き出し窓も耐力壁並みに強化することができる。

使わなくなった無駄な部屋をとりこみ広々とした気持ちのいい空間ができる。

https://www.facebook.com/yatto33/

お客様の声

  1. 犬好きか否かは、育った環境で決定づけられる気がする。ちなみに私は生まれた時から現在に至るまで犬か猫…
  2. 犬と暮らすということ
    わが家は柴犬のピピともも、甲斐犬のカイと女の子ばかりの多頭飼い。一人っ子と多くの兄弟の中で育った子…
  3. 3世代で健康に暮らす 無垢の木と断熱リフォーム
    品川区O邸築40年の木造住宅を高断熱の二世帯住宅へリノベーション【建て主様の声:入…
  4. エアコンのコンセントはいらない
    (佐賀県三養基郡・Sさん、1997年建築)入居して今年でちょうど6年になります。P…
  5. PAC住宅お客様の声
    ひとつのところでなんでも出来るように。みんながいる場所で。まるで平屋のような。この…
PAGE TOP