住む人の健康と建物の健康

リフォームも「健=人+建」 住む人の健康と建物の健康

住宅のリフォームにもきちっとした哲学が求められる時代になってきている。
とりあえずのやっつけ仕事ではもはや通用はしない。
PACは1977年から、住宅の健康をテーマに、建物と住まい手の健康を守る、機械設備に頼らないパッシブな家づくりを追求してきている。
その家づくりの根幹は「流れる空気にふれさせる」に集約されてくるが、その新築と同じ哲学を掲げて、住宅のリフォームを提案している。戸建て住宅にとどまらず、マンションのスケルトンリフォームにも「流れる空気にふれさせる」技術を提供している。

これは30年以上前に提唱した健康住宅の定義である。 
健康住宅は、 そこに住む人の健康と、同時に、建物そのものの健康も 守り増進するものである。 
そうした家づくりをしたいと1983年に「健康住宅宣言」

「健康住宅宣言」で提案した「健=人+建」 住む人と建物そのものの健康を実現したい。 
人の健康とは、こころと身体であり、 建物の健康は、耐久性と耐用性である。 
耐久性とは腐りにくい、 耐用性は時間の経過にも耐えられる間取りある。 これは、本格的リフォームにもあてはまる。

健康住宅の定義

家づくり、新築もリフォームも基本は同じ。 住まいは最も身近な環境、 その環境は健康で安心できるものでなくてはならない。 健康で安心な居住環境は 決して機械設備やお化粧重視の家では実現できない。

エアサイクル手法のリノベーション・リフォームを紹介しています。

https://ac-renove.com/

お客様の声

  1. 犬好きか否かは、育った環境で決定づけられる気がする。ちなみに私は生まれた時から現在に至るまで犬か猫…
  2. 犬と暮らすということ
    わが家は柴犬のピピともも、甲斐犬のカイと女の子ばかりの多頭飼い。一人っ子と多くの兄弟の中で育った子…
  3. 3世代で健康に暮らす 無垢の木と断熱リフォーム
    品川区O邸築40年の木造住宅を高断熱の二世帯住宅へリノベーション【建て主様の声:入…
  4. エアコンのコンセントはいらない
    (佐賀県三養基郡・Sさん、1997年建築)入居して今年でちょうど6年になります。P…
  5. PAC住宅お客様の声
    ひとつのところでなんでも出来るように。みんながいる場所で。まるで平屋のような。この…
PAGE TOP