減築リフォームで広々暮らす

減築リフォームで広々暮らす

建物自体を小さくして減築リフォームをすることもできますが、 2階の空間を思い切って小さくして、その分の床を取り払い、吹き抜けにします。 
1階の空間も、必要なくなった個室をまとめ、広がり空間として吹き抜けとつなげます。

生活しやすい大きな空間に生まれ変わります。 
その空間を 
冬は暖かく、夏も涼しく快適にするために

外張り断熱
  + 
エアサイクル 
(床下空間・内壁空洞・小屋空間を空気が流れるようにする)
  + 
集熱通気層を設けることもできます。

仕上げは、本物の自然素材でいきましょう。 
例えば 
無垢の木の床・壁・天井 ・本物の漆喰の壁・天井・自然糊によるエコクロス。

自然素材によるパッシブソーラー 

そして

広がり空間でのびのびと暮らせる 健康な減築リフォームです。

https://www.facebook.com/yatto33

お客様の声

  1. 3世代で健康に暮らす 無垢の木と断熱リフォーム
    品川区O邸築40年の木造住宅を高断熱の二世帯住宅へリノベーション【建て主様の声:入…
  2. エアコンのコンセントはいらない
    (佐賀県三養基郡・Sさん、1997年建築)入居して今年でちょうど6年になります。P…
  3. PAC住宅お客様の声
    ひとつのところでなんでも出来るように。みんながいる場所で。まるで平屋のような。この…
  4. 気持ちのいい家 東京都狛江市 Tさん
    東京都狛江市 Tさん   家族構成 夫・妻・こども2人 以前住んでいたマンションでは結露に…
  5. 心地いい広がり空間
    (東京都練馬区.Fさん、1997年建築)築29年を迎えていた住まいの建替えに際し、実質的で…
PAGE TOP