夫婦別室もあるのでは

夫婦別室もあるのでは

小さいころから身についている習慣、 横になってから本を読む、音楽を聴く、 暗くしないと眠れない、暗いと眠れない・・・。
お互いに相手に合わせたくないと自分の習慣に固執したら、 二人の生活ははじまっていない。 
もちろん食生活だってずいぶん違っていたはず。

年を追うごとに会話の少なくなる夫婦。 
長年生活していれば、 お互いいちいち言葉にしなくても、 といった思い込みが 意外と落とし穴になっているのかもしれない。 
ありがとうとか、すまなかったと、 いった気持ちを素直に言葉にするのを 忘れてしまっているのではないだろうか。 

夫婦に限らず、 人間関係の基本はともに成長することにある。
仕事を通じ、あるいは家庭を守りながら、 お互い日々成長している。 
その成長を見守る、あるいは刺激し合って 生きていくためには、 お互いに相手を見つめていなければならないと思う。

https://www.facebook.com/yatto33/

お客様の声

  1. 雪国でも吹抜け
    (新潟県新発田市.Tさん、2000年建築)2000年4月に入居し、この1年は単身赴任で東京…
  2. 感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  3. 階段であいさつ
    愛知県日進市。Tさん、1999年建築)人の衣替えよりも少し早い時期、ゴールデンウイークを過…
  4. 住まんとわからん
    (東京都八王子市。Kさん、2001年建築)我が家がPAC住宅となって2年が過ぎました。頭で…
  5. 住まいの健康を手に入れて
    (熊本県熊本市.Uさん、2000年建築)二人目の子どもがお腹にいるとき(199…
PAGE TOP