家づくりの主役は建て主

家づくりの主役は建て主。

美しい家を望んでいても、 またこの美しさの基準が人によって異なる。 
千差万別、 個性の巾はますます広がっている。 
そうした時代であるからこそ、 
主役は建て主との思いを一層強く再確認したい。 

つくり手側が担当した住宅を 「自分の作品」 と表現する習わしが 昔からあるが、 どうもこの表現には違和感を感じる。 
住宅は確かにアートの一面もあるが、 つくり手が自分の感性のままにいけるものではない。 
あくまでも住まい手あってのものだ。 

これは何度でも何回でも、声を大きくして言いたい。 
「家づくりの主役は建て主」 決して、 建築家でもハウスメーカーでも工務店でもない。 
家を作品と表現する、よくあることだが、 その言葉づかいの裏に、 何か不遜さを感じてしまう。

動画
あなたが主役の家づくり3分24秒
あなたは家を買いますか? 家はつくりますか?3分11秒

お客様の声

  1. 雪国でも吹抜け
    (新潟県新発田市.Tさん、2000年建築)2000年4月に入居し、この1年は単身赴任で東京…
  2. 感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  3. 階段であいさつ
    愛知県日進市。Tさん、1999年建築)人の衣替えよりも少し早い時期、ゴールデンウイークを過…
  4. 住まんとわからん
    (東京都八王子市。Kさん、2001年建築)我が家がPAC住宅となって2年が過ぎました。頭で…
  5. 住まいの健康を手に入れて
    (熊本県熊本市.Uさん、2000年建築)二人目の子どもがお腹にいるとき(199…
PAGE TOP