自然の恵みを生かして生活空間を健康に快適にする

失敗OFFの家づくり8回シリーズ no.6

豊かで大らかな生活空間を支える温熱環境をつくりだす家づくりを長年してきたが、その環境をつくり維持していくためにはエネルギーが必要となる。そのエネルギーを化石燃料だけに頼るようでは、とても心豊かな住まい・暮らしとは言えない。 

私たちは流れる空気の家づくりで、建物の中すべてが冬は暖かく夏は涼しい空間づくりを1977年から追求してきた。その空間づくりに必要とされるエネルギーを太陽と夜間の冷気に求めた。

しかもそうした自然エネルギーを利用するのに機械設備を使うのではなく、建物の建て方の工夫でする方法を大前提とした。家の設計・工法・材料の工夫ということになる。そうした家をパッシブソーラーという。 

流れる空気をエアサイクルと名付け、使うエネルギーは太陽と夜間の外冷気それをパッシブソーラーの手法でということで、住宅の名称はパッシブエアサイクル住宅略してPAC住宅となった。 

お客様の声

  1. https://ac-renove.com/sos/sos-4/また、北側…
  2. 同じ家の中なのに、明るい部屋と暗い部屋がある。また暑いくらいの部屋と同時に寒い部屋…
  3. 自然素材のリフォームで安心して過ごせる毎日をhttps://ac-renove.…
  4. 新しい家に住んだら広くなったせいか、あまり家族が顔をあわせなくなった。子供が学校から帰ってくると自…
  5. 木造アパートのリノベーション事例です。キッチンやユニットバスの交換はもちろん、基礎や構造の耐震…
PAGE TOP