夫婦別室にしていたら

夫婦別室にしていたら、 僕ら離婚しないですんでいたかもしれない

すでに寝室を別々にしている夫婦、 
そして潜在的に夫婦別室を希望している夫婦。 
その理由の多くは、ゆっくり眠りたい、 
眠りにつくまでの貴重な時間を 
それぞれ好きなことをして、 
思うままに過ごしたいということのようである。

いびきや生活時間帯のずれで眠れないという状態が 深刻な場合は、話し合って 夫婦が寝室を別室にすることは自然の形だと思う。

外が静けさを取り戻す時間帯に、 
ようやくあわただしい一日の家事から解放される。 
そのほっとしたひと時をのんびりしたい 
と思うのは誰にでもある。

https://www.facebook.com/yatto33

お客様の声

  1. 雪国でも吹抜け
    (新潟県新発田市.Tさん、2000年建築)2000年4月に入居し、この1年は単身赴任で東京…
  2. 感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  3. 階段であいさつ
    愛知県日進市。Tさん、1999年建築)人の衣替えよりも少し早い時期、ゴールデンウイークを過…
  4. 住まんとわからん
    (東京都八王子市。Kさん、2001年建築)我が家がPAC住宅となって2年が過ぎました。頭で…
  5. 住まいの健康を手に入れて
    (熊本県熊本市.Uさん、2000年建築)二人目の子どもがお腹にいるとき(199…
PAGE TOP