自然素材を自然の恵みで生かして心地よく暮らす

失敗OFFの家づくり8回シリーズ no.7

住宅の温熱環境というと温度だけと思いがちだが、快適で健康にいい暮らしは温度だけでは実現できない。

程よい温度環境と同時に後二つの要素が必要となる。

一つは適度な湿度環境と、気持ちよく爽やかな肌触りだ。特に建物の床や壁そして天井にその要素が加わるといい。

湿度は高すぎても低すぎても快適ではないし健康的でもない。

そうした程よい空間づくりに欠かせないものが、調湿機能のある素材だ。

湿度の高いときは空気中の水蒸気を材料の中に保持してくれ、乾燥してきたら空気中にその水分を放出する働きをする材料だ。

それに最適なものが、無垢の木や本物の漆喰だ。無垢の木は肌ざわりも素敵だ。本物の漆喰の調湿機能は素晴らしい。

そうした自然素材は、また流れる空気にふれていることでその機能を発揮し、また寿命も長らえる。 

自然素材は太陽や自然の風があってこそ生き生きとしてくる。そんな家づくりを長年追求してきた。 

お客様の声

  1. 栃木県Nさん2002年建築夏の最高気温が39、40℃といわれている中で、那須高原にあるわが…
  2. 愛知県Kさん2000年建築私たち夫婦と小学生の息子は5年前のお盆にこの家に入居しましたが、…
  3. 広島県Hさん2003年建築初めてPACに出会ったのは、インターネットのホームページだった。…
  4.                     神奈川県Kさん2000年建築建て主不在でできた家…
  5.               神奈川県Sさん2003年建築「この家を建て替えるか::。」わが…
PAGE TOP