自然素材を自然の恵みで生かして心地よく暮らす

失敗OFFの家づくり8回シリーズ no.7

住宅の温熱環境というと温度だけと思いがちだが、快適で健康にいい暮らしは温度だけでは実現できない。

程よい温度環境と同時に後二つの要素が必要となる。

一つは適度な湿度環境と、気持ちよく爽やかな肌触りだ。特に建物の床や壁そして天井にその要素が加わるといい。

湿度は高すぎても低すぎても快適ではないし健康的でもない。

そうした程よい空間づくりに欠かせないものが、調湿機能のある素材だ。

湿度の高いときは空気中の水蒸気を材料の中に保持してくれ、乾燥してきたら空気中にその水分を放出する働きをする材料だ。

それに最適なものが、無垢の木や本物の漆喰だ。無垢の木は肌ざわりも素敵だ。本物の漆喰の調湿機能は素晴らしい。

そうした自然素材は、また流れる空気にふれていることでその機能を発揮し、また寿命も長らえる。 

自然素材は太陽や自然の風があってこそ生き生きとしてくる。そんな家づくりを長年追求してきた。 

お客様の声

  1. (佐賀県三養基郡・Sさん、1997年建築) book やっと出会えた本物の家より 入居して…
  2. ひとつのところでなんでも出来るように。みんながいる場所で。まるで平屋のような。この…
  3. 東京都狛江市 Tさん   家族構成 夫・妻・こども2人 以前住んでいたマンションでは結露に…
  4. (東京都練馬区.Fさん、1997年建築)築29年を迎えていた住まいの建替えに際し、実質的で…
  5. 仲良くなる家
    in English 国分寺Oさん建坪9.7坪の中に欲しいモノをいっぱい詰め込んで…
PAGE TOP