究極のリフォーム

リフォームの究極 流れる空気と同時に、呼吸する自然素材で湿気に対処する それにより化学物質からの汚染もなくなる

昔の人の家づくりの知恵に学ぶとなれば材料の使い方が素晴らしい。

日本は雨が多く湿度が高い、その気候がもたらせたものが豊かな大地と森林だ。そこから木材がとれ、紙がつくられる。日本の家は、木と紙そして土でつくられてきた。そうした材料は再び土に戻る。まさしく自然循環がなされてきた。

そして木や紙そして土の素晴らしさは、湿気の調整機能だ。湿気は季節や天候で大きく変わるし、湿度は温度で大きく動く。

木や紙、土の素晴らしさは、湿気の多い時は吸い取り保ち、乾燥してくるとそれを放出するという調湿機能のあるところだ。そうした材料を建物にたくさん使えば、建物の中の湿度は安定してくる。流れる空気でこうした自然素材を守りながら、これら材料の調湿機能を生かすというノウハウは大変に素晴らしいものだ。

木材は湿気を吸うと少し膨らみ、湿気を吐いたときに少し縮む。それを寸法が狂うと言って嫌い、合板や集成材が今や主流となっているが、その結果、調湿機能を失いさらには接着剤の化学物質がもたらす害が加わり、自然の肌触り、感触のよさも失ってしまった。

最近の建物の居心地の悪さは、この合板や集成材に帰するところが大きい。接着剤などの添加物によって化学物質過敏症がもたらされたのはご存知のとおりだ。

さりとて無垢の木など自然素材は
呼吸できる環境、それは流れる空気にふれる環境と言えるが、
そうした場所で使われなければ
湿気は吸うが吐く機能が伴わずに湿ったままになり
カビやダニの温床になり、やがては腐ってしまう。
シロアリも付きやすくなる。

「流れる空気にふれさせる」という先人の知恵はそれを物語っている。

その知恵を私たちは現代の家づくりそしてリフォームに甦らせた。

その根幹を申し上げると、

建物をすっぽりとくるむ外張り断熱とし、全ての壁の中に空気を流し、調湿性能の高い下地材を使い、自然素材で仕上げる。

間取りは広がり空間で風通しと家族のふれあいを図る。これらの考え方をベースに1977年から家づくりをしている。これは新築ばかりではなく、リフォームにも応用が利くものである。構造材を腐れさせずに長期に亘ってその強度を保てるのも大きなメリットである。

田中慶明

https://www.facebook.com/yatto33

お客様の声

  1. エアコンのコンセントはいらない
    (佐賀県三養基郡・Sさん、1997年建築)入居して今年でちょうど6年になります。P…
  2. PAC住宅お客様の声
    ひとつのところでなんでも出来るように。みんながいる場所で。まるで平屋のような。この…
  3. 気持ちのいい家 東京都狛江市 Tさん
    東京都狛江市 Tさん   家族構成 夫・妻・こども2人 以前住んでいたマンションでは結露に…
  4. 心地いい広がり空間
    (東京都練馬区.Fさん、1997年建築)築29年を迎えていた住まいの建替えに際し、実質的で…
  5. 大工の腕がいい
    (神奈川県横浜市 Iさん、2001年建築)気に入った土地が見つかり、土地売買契約をしてから…
PAGE TOP