リフォームで冬を暖かくする

リフォームで、冬を暖かくするのには ?

リフォームで冬を暖かくする

一部屋だけを暖かくするより、建物の中から冷たい所をなくすこと。 
そうすることで、 温度差によるヒートショック、ジメジメ感、結露などを防ぎ、 また、20℃前後で程よく暮らすことができます。

具体的にできるリフォーム 
(必要に応じて、下記方法を組み合わせていく) 

1.窓面の断熱改修 

2.外壁面・屋根面・基礎面の断熱改修 

3.躯体内空間(床下空間・内壁空洞・一二階のふところ空間・小屋空間)を空気が流れるように連通する ⇒ エアサイクルの効果をもたらす。 

4.屋根面に集熱通気層を設ける ⇒ 屋根面から太陽熱をとりこむ。 

5.外壁面に集熱通気層を設ける ⇒ 壁面から太陽熱をとりこむ。 

6.集熱パネルを、屋根面・外壁面などに設置する ⇒ 屋根や外壁を改修しない場合。 

7.床暖房を設置する。 

8.かくれん房で、家全体の低温輻射暖房をする。 

9. 個室だらけの間取りを広がり空間にする。

https://www.facebook.com/yatto33

お客様の声

  1. 栃木県Nさん2002年建築夏の最高気温が39、40℃といわれている中で、那須高原にあるわが…
  2. 愛知県Kさん2000年建築私たち夫婦と小学生の息子は5年前のお盆にこの家に入居しましたが、…
  3. 広島県Hさん2003年建築初めてPACに出会ったのは、インターネットのホームページだった。…
  4.                     神奈川県Kさん2000年建築建て主不在でできた家…
  5.               神奈川県Sさん2003年建築「この家を建て替えるか::。」わが…
PAGE TOP