衣替えのできる家

「プラス思考の健康住宅づくり」1994年発行

 在来軸組工法を現代の健康住宅に蘇らせるためには、衣替え/の発想が必要です。日本の気候の特徴は北海道を除いて、四季が激しく変化し、湿気が多いことです。


 吉田兼好法師は、徒然草の中で「家の作りやうは、夏をむねとすべし。」と書いています。高温多湿に対する対処ですが、では、冬はどうしろと書いてあるのでしょうか。


 「冬はいかなる所にも住まる。」です。つまり、冬は厚着でもしてろということでしようか。昔の技術では、冬暖かい家をつくることは不可能だったのでしょう。


 では、現代の技術ではどうでしょうか。よく、冬暖かく、夏涼しい家というキャッチフレーズを耳にしますが本当なのでしょうか。よく読むと冷暖房が前提になっています。 残念ながら、設備機器を使わないという前提に立ち、建築的手法で、冬暖かく、夏涼しい家をつくることはそう簡単にできることではありません。


 なぜなのでしょうか。では、吉田兼好法師を尊重して、夏を涼しくと考えてみましょう。設備機器に頼らないのですから、これはもう徹底した風通しをはかるしかありません。その上で、西陽をさえぎり、打ち水をするなどの暮らし方の工夫をし、何とか暑さを凌ぐしかないでしょう。しかし、この家の冬は、とてつもなく寒いことでしよう。


 一方、現代の家は、気密がよくなり、個室プランになって、暖房はよく効くようになりました。昔と比べれば、格段に、冬は暖かくなったと言っていいのでしよう。 でも、夏は、逆に風通しが悪くなり、熱気や湿気が抜けずにこもる様になってしまいました。前章で詳しく述べられていますが、以外と、建築的手法で、夏冬を同時に対処することは困難だということを思い出してください。


 しかし、健康を真剣に考えるのであれば、やはり設備機器だけに頼ることは避けたいものです。


家づくりなのですから、家のつくりようで、できる限りのことまでは実現していきましょう。 

そこで、家も衣替えができたらとの発想が浮かびました。夏は、とことん風通しがよく、冬は太陽の恵みが家の隅々まで届く家。人が衣服を着替えるように、住宅も、冬と夏が切り替えられたら、しかも、湿気に十分配慮された方法を当然の前提として。


 住まいの衣替えを実現するためには、いくつかの矛盾したことを乗り越えなければなりません。


夏は、とことん風通しをはかりましたが、冬は、この風通しをなくさなくてはいけません。しかし、風通しをなくしてしまうと湿気がこもってしまいます。 

夏は、太陽熱はとりたくありません。でも、冬は太陽熱を家の隅々までもとりこみたいのです。冬は、建物内の熱を外に逃がしたくない、夏は逃がしたいのです。


 暑さと寒さ、そして湿気の課題を、夏冬同時に、ひとつの建物で解決しなくては実際の住まいづくりには役にたたないのです。
 

ここで、私たちの追及する健康住宅PAC(ピーエーシー)の概念にふれておきましょう。Pはパッシブ、Aはエア、Cはサイクルの英語の頭文字です。 健康住宅の基本は、陽当たりと風通しです。パッシブが陽当たりで、エアサイクルが風通しとも言えます。


 パッシブはパッシブソーラーハウスからきました。ソーラーハウスは太陽熱等の自然の恵みを住宅にとりこみ、省エネルギー等をはかるものですが、二種類あります。ひとつは設備機器を利用するもので、屋根の上に集熱板を設置し、そこに水や空気を流して太陽熱をとり、給湯や暖冷房に利用するタイプでアクティブソーラーと言います。 

もうひとつは、大がかりな設備機器を使わず、建築的手法の工夫で、自然の恵みを利用するタイプ、これをパッシブソーラーと言います。これまでに、建築的手法という言葉が多くでてきた理由はここにもあります。


 機械設備の寿命はせいぜい十年程度、しかも、かなりの維持管理が必要となります。建築的手法で実現できれば、その性能寿命は建物寿命と同じになり、維持管理も設備に比べずっと軽減されます。

 PAC(ピーエーシー)住宅は、間取りや工法、窓の工夫など建築的手法(パッシブ)で、冬は太陽熱や生活熱をとりいれ、建物の隅々まで空気の流れにのせて循環(エアサイクル)させ、夏は夜間の外冷気を建物内にとりいれ、昼の熱気は放出する仕組で、冬の寒さと夏の暑さ及湿気に対処していく衣替えのできる家なのです。


 衣替えの方法は極めて簡単です。PAC 専用の、布基礎につける換気口と屋根の棟などにつける換気口を、夏期には開放し、冬期には閉鎖します。

およそ、夏期は四月から十月の期間、冬期は十一月から三月の期間です。仕組そのものは極めて単純ですが、実際には様々なノウハウが組み合わされて構成されています。

お客様の声

  1. 自然エネルギーの威力に驚いています福島県会津若松市K様(築1年)以前の…
  2. 何世代も住める日本の『家』。住めば住むほど、愛着を覚える『家』。暮らしやすく、健康になる『家』。誰…
  3. スローライフ
    (岐阜県多治見市・Sさん、2000年建築)今、自然と共に生きることの素晴らしさを実感してい…
  4. 真冬や真夏に訪れるお客様が感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  5. 大工の腕がいい
    (神奈川県横浜市 Iさん、2001年建築)気に入った土地が見つかり、土地売買契約をしてから…
PAGE TOP