見えない所が健康の決め手

「プラス思考の健康住宅づくり」1994年発行

化粧でいくらきれいにつくっても、健康になるわけではありません。建物も同じことで、いくら外観や内観を美しくつくったとしても健康な住宅になるわけではないのです。

 うわべからは見えない所、心や身体の内部から健康にならなければ砂上の楼閣となります。建物も同様です。建築中の現場をよく観察する重要性がここにあります。 

建物を支える構造に関わるほとんどは、完成すると見えなくなってしまうのですから。土台や柱、梁などの構造材そして基礎や地盤がその主なものです。


 しかし、ここで考えていきたいのは、そういった一般的なことではなく、もう少し根本的なことから見直してみたいと思います。

 厳選されたいい素材で腕のいい調理人が料理をつくったとしても、その調理方法が理にかなっていなければ、眼や舌に美味でも栄養が破壊されていて健康にはあまり役立っていないばかりか、逆に、健康を害していることは珍しくないことです。 

建物も同じことで、木材の質や大工の腕だけでは、健康な住宅ができるわけではないのです。調理方法すなわち建築方法が理にかなっているかどうかがより大きな前提になります。その建築方法を考える時に、表題である、見えない所が決め手になります。

 前述しましたように、日本においての健康な住宅は、広がり空間の間取りを木造在来軸組で建てることが、最低の条件となりますが、残念ながら、その在来工法ですら、湿気に弱くなり、夏も暑くなるなどの欠点が生じてしまいました。 

それは、在来工法といっても、土台、柱、梁などの軸組で構成されるという点は変化していないのですが、それ以外の多くが、あまりにも無秩序に変化していったからです。

 戦前までの家づくりは、近隣の大工の棟梁に頼むのが普通でしたが、戦後は、新建材や設備機器の発展が目覚ましく、いつの間にか、家づくりは新建材や設備機器を選んで組み合わせることだ、と言って過言ではないまでになってしまいました。 

そして、それらを無秩序に組み合わせた結果が、湿気を忘れた家づくりの現状をもたらす一因となりました。新建材や設備機器の研究がいくら進んでも、結局は、建物全体のことを考えた研究ではなく、所詮は自社の商品のみを考えた開発に終始しています。医療で言えば、対処療法を繰り返した結果、副作用で、身体全体の健康はかえって損なってしまったというところでしょうか。

在来軸組工法を支える見えない所、それは見えない部分の空気の通り道なのです。下から見ていきますと、床下空間、一階と二階の間のふところ空間、天井裏の小屋空間です。 

これらの空間を生かして使うか、殺してしまうかで、建物全体の健康性は大きく変わってしまいます。現在は、ほとんど生かされた使い方はされていませんので、日本で育ってきた工法といっても、日本の気候の特徴である湿気の多さに対処できなくなってしまったのです。

 これらの空間を生かして使うためにはどうしたらいいでしょうか。在来軸組工法を支えるもうひとつの見えない所、それは、柱と柱の間にできる空間、内壁空洞があります。 

この内壁空洞を介して、床下空間、一階と二階の間のふところ空間、天井裏の小屋空間を相互にひとつながりに連通させて、空気が流れるようにすることで、建物全体に生命力が与えられます。

 この一連の空気の流れる道は、人間に例えれば、血管や経絡に当たるといえます。ここを詰まらしては、健康への道は程遠いというものです。

 しかし、残念ながら現在の在来軸組工法は、ほとんどが、この血管が詰まった状態なのです。デザイン性が向上して見かけは良くなりましたが、住宅の健康は、知らず知らずのうちに損なわれてしまっているのです。じわじわと。

 どのように詰まっているかを簡単に見てみましょう。

まず、内壁空洞には断熱材が詰まっています。内壁空洞と床下空間の連通が妨げられる納まり、施工方法になっています。

一階と二階の間のふところ空間と二階の内壁空洞の連通も同様に妨げられています。

このように、在来軸組工法であれば、その意思があれば簡単に、それらを連通させることができ、空気の流れる道を確保できるのにもかかわらず、その重要性が意識されず、ほとんどの建物が、その生命活性化の通路をふさいでしまっているのは残念なことです。 

床下空間、一階と二階の間のふところ空間、天井裏の小屋空間が単独で存在していても、空気は思うようには流れないのです。縦長に、垂直に細くつづく内壁空洞と連通されることで、空気が活発に流れはじめ、その生命力を取り戻すのです。

 昔の日本の住宅の壁は、土や板などの自然の材料で湿気に対処していましたが、現在の住宅でその土や板に代わって、健康性に寄与しているのが空気の流れる内壁空洞なのです。

お客様の声

  1. 栃木県Nさん2002年建築夏の最高気温が39、40℃といわれている中で、那須高原にあるわが…
  2. 愛知県Kさん2000年建築私たち夫婦と小学生の息子は5年前のお盆にこの家に入居しましたが、…
  3. 広島県Hさん2003年建築初めてPACに出会ったのは、インターネットのホームページだった。…
  4.                     神奈川県Kさん2000年建築建て主不在でできた家…
  5.               神奈川県Sさん2003年建築「この家を建て替えるか::。」わが…
PAGE TOP