尾山台の家

シンプルに暮らす

シンプルライフ、何とさわやかな言葉。そして何と難 しい現実。物を整理すること、要らない物を処分すると、実は時間がかかるのはこの決断というか判断にある。
結局つきつめていくと頭も心も整理されていない自分が 見えてくる。かくして、シンプルライフとは、いかにシ ンプルな考え方に、そしてとらわれない心になれるかな のだと思う。


今まで何となく捨てられずにいた物には必ずその時代の思い出なり思い入れがある。そうした思い出を残しておきたくて捨てられなかったといっても過言ではない。
大切な故人からもらった手づくりの物や、故人が大事にしていた物、そして直筆の物などはまず処分できない。

かくして物は減ることなく増え続けることになる。
家づくりを機に、シンプルライフを目指そうと一念発 起。もともと何がどこにあるかわからない生活は好きでなく、少なくとも物はジャンル別に保管していた。それでも使わない物が相当混ざっていた。


引越し前はマンションとはいえ今の住まいより広い空間、そのせいかあまり目につかず一つふたつと物が増えていた。使っていない部屋、ゆとりの収納スペース、特に造り付けなどで扉付きの収納スペース、日常生活に支障をきたさない空間、これは要注意。
置く場所がないとなると購入時、心にブレーキがかかり多少は冷静な判断が働く。冷静さを取り戻してくれる要因、必要以上に収納スペースをとらないということもシンプルライフへの一歩と思う。


家づくりをお手伝いさせていただいて8割の方は新しい家にはたっぷり収納をと希望される。確かに今の住まいで納められている物と、収納からはみ出ている物を含めた収納スペースが確保できたら、スッキリお部屋も片づいて、掃除も楽になってと、いいことずくめ。

尾山台の家リビング

ところがそれは非現実的、実際にそれだけの収納スペースをとったら予定より相当に大きな家をつくらなければならない。たとえ土地にゆとりがあったとしてもコストが合わない。しかも、もともと整理が苦手で捨てられないという家人がいれば数年後には収納スペースが足りないわ、ということになりかねない。シンプルライフを目指すわが家では、プランにあたり、衣類や本をどの
程度捨てられるか、特に洋服については何着くらい本当に誇られるものがあれば良いか、生活用砧や食砧のストックはどの程度が適切か、といったところから必要な収納スペースを検討した。

まずはわが家の台所まわりと食生活からお話しすると、二人でたのしくつくって、ゆったり食して片づけと掃除の楽な台所をつくろうと思った。さらに、ともすると相矛盾する機能性とデザイン性の両立を追求した。
システムキッチンは既製品を止めてステンレスの手づくり、下の収納はキャスター付きの引き出しタイプとした。使い勝手の悪い吊り戸棚をなくすことで白を基調としたタイルの壁が美しさを強調している。大きめのシクに蛇側は二つ設けた。


設備はドイツのミーレ社の食器洗い機とデザインの美しい換気扇。ハイカロリー型オープンレンジは国産品。
ミーレ社の食器洗い機は自然乾燥なので、乾燥機能だけを使いたいという方には不向き。換気扇はデザイン性だけでなく掃除がものすごく楽、常にきれいにしておきたい方には絶対にお薦めしたい。


わが家のガスコンロは3口、その前は4口だった。4口の時もかなり使い切っていた方だと思うが、同時に使おうと思うと小さな鍋しか置けないという制約があった。その点3口でもゆったりしたスペースの現在の方が使い勝手は良い。お魚グリル、これは汚れが落ちにくく少々閉口している。仮住まいの時に使っていた、コンロと魚焼きだけのテーブル式のものは魚を焼いた後の掃除 がとても楽だった。何を優先するかだと思う。

尾山台の家台所まわり


増える食器の数だけ食事のレパートリーの幅が広がっていたらと思いつつ、そこは持って生まれた天性、とりあえずは美味しい素材とすてきな食器が料理の中身をカバーしてくれている。

こと料理に関して誉められる点は、食いしん坊が故かも知れないが、朝も炊飯器は使わず伊賀鍋でご飯を炊き、おだしをとってみそ汁、野菜のバランスを考えてと、基本的なところの手は抜いていない。夜もどんなに遅くてもつまみを数品つくり、ワインを愉しみ、最後に軽く食事でしめている。いまでも素材料理が中心だけれど、この1,2年の間に実はかなり大きな食生活の変化があっ た。


これまではH本酒一辺倒だった。つまみは当然のように和食となる。ところが美味しいオーガニックワインとの出会いから、身体がワイン党になってしまい、食材も和にイタリアンメニューが加わってきた。かつてオリーブオイルたっぷりの料理やパスタは太ると自認していた。ところが実際はそうではなかった。1日最低2回は体重計に乗る習慣のある二人がイタリアンメニューを加
えても体重が増加しないということをまさに身をもって体験した。

このことも、食生活の大きな方向転換を決定 づけることになっている。そのうちノウハウを身につけて、イタリアンの簡単素材料理などと、いくつかご紹介できるよう、今しばらくは試行錯誤の毎日である。
最後にキッチンのカタチはL字型の対面式とした。そして大きな食卓は食の場でありくつろぎの場となっている。


あまり使われていなかったソファーセットはお決まりのように処分となった。マンションの無機質な広いリビング空間にはふさわしかったが、今の空間には浮いていた。空間的なゆとりの問題だけでなく、内装の素材感がナチュラルなものになると、マホガニーやウレタン塗装のブリティッシュな家具は似合わない。今の食卓も椅子 も無垢のウオールナット材で仕上げもオイルのみ。


上下逆転プラン、2階の食卓からの風景はまさに借景、 美しいお隣の庭、そして少し離れた神社の森。お気に入りの大テーブルと座り心地の良い椅子、大きな吹抜けの天井空間、そして無心の愛で接してくる子どもたちと伴に幸せライフを満喫している。一挙一動クローン人間のごとく同化しているわがパートナーの存在は当たり前として。

お客様の声

  1. 雪国でも吹抜け
    (新潟県新発田市.Tさん、2000年建築)2000年4月に入居し、この1年は単身赴任で東京…
  2. 感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  3. 階段であいさつ
    愛知県日進市。Tさん、1999年建築)人の衣替えよりも少し早い時期、ゴールデンウイークを過…
  4. 住まんとわからん
    (東京都八王子市。Kさん、2001年建築)我が家がPAC住宅となって2年が過ぎました。頭で…
  5. 住まいの健康を手に入れて
    (熊本県熊本市.Uさん、2000年建築)二人目の子どもがお腹にいるとき(199…
PAGE TOP