夫婦別室にしていたら、 僕ら離婚しないですんでいたかもしれない

すでに寝室を別々にしている夫婦、 
そして潜在的に夫婦別室を希望している夫婦。 


その理由の多くは、ゆっくり眠りたい、 
眠りにつくまでの貴重な時間を 
それぞれ好きなことをして、 
思うままに過ごしたいということのようである。

いびきや生活時間帯のずれで眠れないという状態が 深刻な場合は、話し合って 夫婦が寝室を別室にすることは自然の形だと思う。

外が静けさを取り戻す時間帯に、 
ようやくあわただしい一日の家事から解放される。 


そのほっとしたひと時をのんびりしたい 
と思うのは誰にでもある。

若林礼子 書籍より

お客様の声

  1. https://ac-renove.com/sos/sos-4/また、北側…
  2. 同じ家の中なのに、明るい部屋と暗い部屋がある。また暑いくらいの部屋と同時に寒い部屋…
  3. 自然素材のリフォームで安心して過ごせる毎日をhttps://ac-renove.…
  4. 新しい家に住んだら広くなったせいか、あまり家族が顔をあわせなくなった。子供が学校から帰ってくると自…
  5. 木造アパートのリノベーション事例です。キッチンやユニットバスの交換はもちろん、基礎や構造の耐震…
PAGE TOP