PAC 住宅夏の原理

PAC住宅はどのように夏の暑さ対策をしているのか

PAC住宅 夏の原理

昼は太陽熱をカットし、夜は、外気の涼しさを採り入れる・・・断熱の矛盾の解決

理想的な木陰の涼しさを求めて

爽やかな木陰の涼しさ4条件

1. 日射が当たらない。

2.適度な風通しがある。

3.地面が冷えている。

4. 湿度が低い。

パッシブエアサイクル 略して PAC住宅は建築的手法でこの4つの理想的な木陰の条件を実現しました。

  1. 日射が当たらない   
    → 開口部・天窓の徹底した日射遮蔽
  2. 適度な風通しがある。  
    → 広がり空間・中廊下をなくす間取りの工夫
  3. 地面が冷えている。  
    → 夜間の外冷気を蓄熱利用・躯体内空間の風通しで夜間外冷気を蓄熱
  4. 湿度が低い 。  
    → 調湿材料の徹底した使用

二つの風通しがその原点

躯体内空間の風通し

床下空間・内壁空洞・一二階のふところ空間・小屋空間を連通下空間が躯体内空間です。 ここに夜間の外冷気が通ることにより基礎や土間のコンクリートに涼しさを蓄えます。

PAC夏の効果

間取り上の風通し

中廊下に阻まれない広がり空間によるゆたかな風通しです。 吹き抜けを介しての一二階の風通しもプラスアルファ。

PAC住宅プチ動画シリーズ

断熱だけでは解決できない矛盾

躯体内空間における風通しの原理

お客様の声

  1. スローライフ
    (岐阜県多治見市・Sさん、2000年建築)今、自然と共に生きることの素晴らしさを実感してい…
  2. 真冬や真夏に訪れるお客様が感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  3. 大工の腕がいい
    (神奈川県横浜市 Iさん、2001年建築)気に入った土地が見つかり、土地売買契約をしてから…
  4. シックハウスから健康住宅へ
    (兵庫県津名郡・Aさん、2002年建築) 私の場合、多少の自然志向はあったものの家…
  5. ヒーリング ハウス 居心地 健康 
    居ながらにして森を感じる「ヒーリングハウス」です(東京都世田谷区.Mさん、2001年建築)…
PAGE TOP