PAC 住宅夏の原理

PAC住宅はどのように夏の暑さ対策をしているのか

PAC住宅 夏の原理

昼は太陽熱をカットし、夜は、外気の涼しさを採り入れる・・・断熱の矛盾の解決

理想的な木陰の涼しさを求めて

爽やかな木陰の涼しさ4条件

1. 日射が当たらない。

2.適度な風通しがある。

3.地面が冷えている。

4. 湿度が低い。

パッシブエアサイクル 略して PAC住宅は建築的手法でこの4つの理想的な木陰の条件を実現しました。

  1. 日射が当たらない   
    → 開口部・天窓の徹底した日射遮蔽
  2. 適度な風通しがある。  
    → 広がり空間・中廊下をなくす間取りの工夫
  3. 地面が冷えている。  
    → 夜間の外冷気を蓄熱利用・躯体内空間の風通しで夜間外冷気を蓄熱
  4. 湿度が低い 。  
    → 調湿材料の徹底した使用

二つの風通しがその原点

躯体内空間の風通し

床下空間・内壁空洞・一二階のふところ空間・小屋空間を連通下空間が躯体内空間です。 ここに夜間の外冷気が通ることにより基礎や土間のコンクリートに涼しさを蓄えます。

PAC夏の効果

間取り上の風通し

中廊下に阻まれない広がり空間によるゆたかな風通しです。 吹き抜けを介しての一二階の風通しもプラスアルファ。

PAC住宅プチ動画シリーズ

断熱だけでは解決できない矛盾

躯体内空間における風通しの原理

お客様の声

  1. 栃木県Nさん2002年建築夏の最高気温が39、40℃といわれている中で、那須高原にあるわが…
  2. 愛知県Kさん2000年建築私たち夫婦と小学生の息子は5年前のお盆にこの家に入居しましたが、…
  3. 広島県Hさん2003年建築初めてPACに出会ったのは、インターネットのホームページだった。…
  4.                     神奈川県Kさん2000年建築建て主不在でできた家…
  5.               神奈川県Sさん2003年建築「この家を建て替えるか::。」わが…
PAGE TOP