建物を腐らせない

PACの冬、空気の流れが木材を守っている YouTube

PAC住宅工法シリーズ⑯ 

冬のPAC住宅は躯体内空間を空気循環エアサイクルします。

冬は外から独立した空間になりますが、この空気循環で土台や柱、梁などの木材は流れる空気にふれ守られます。

しかも冬のPAC住宅の躯体内空間は太陽熱で外気よりもかなり高い温度になっています。温度が上がると相対湿度は低下しますから、かなり乾燥しその結果、土台や柱、梁などの含水率は下がり、木材はより良好な乾燥状態を保ち長生きすることになります。

お客様の声

  1. 自然エネルギーの威力に驚いています福島県会津若松市K様(築1年)以前の…
  2. 何世代も住める日本の『家』。住めば住むほど、愛着を覚える『家』。暮らしやすく、健康になる『家』。誰…
  3. スローライフ
    (岐阜県多治見市・Sさん、2000年建築)今、自然と共に生きることの素晴らしさを実感してい…
  4. 真冬や真夏に訪れるお客様が感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  5. 大工の腕がいい
    (神奈川県横浜市 Iさん、2001年建築)気に入った土地が見つかり、土地売買契約をしてから…
PAGE TOP