建物を腐らせない

PACの冬、空気の流れが木材を守っている YouTube

PAC住宅工法シリーズ⑯ 

冬のPAC住宅は躯体内空間を空気循環エアサイクルします。

冬は外から独立した空間になりますが、この空気循環で土台や柱、梁などの木材は流れる空気にふれ守られます。

しかも冬のPAC住宅の躯体内空間は太陽熱で外気よりもかなり高い温度になっています。温度が上がると相対湿度は低下しますから、かなり乾燥しその結果、土台や柱、梁などの含水率は下がり、木材はより良好な乾燥状態を保ち長生きすることになります。

お客様の声

  1. https://ac-renove.com/sos/sos-4/また、北側…
  2. 同じ家の中なのに、明るい部屋と暗い部屋がある。また暑いくらいの部屋と同時に寒い部屋…
  3. 自然素材のリフォームで安心して過ごせる毎日をhttps://ac-renove.…
  4. 新しい家に住んだら広くなったせいか、あまり家族が顔をあわせなくなった。子供が学校から帰ってくると自…
  5. 木造アパートのリノベーション事例です。キッチンやユニットバスの交換はもちろん、基礎や構造の耐震…
PAGE TOP