YouTube 広がり空間のメリット 1分57秒

広がり空間の間取りは、建築面積を小さくつくる事ができるのでコストダウンが可能。 

40坪のLDK間取りが32坪の広がり空間にも。

30坪が26坪の例も。

それでいて小さくつくられた広がり空間の方が広々と暮らすことができる、それが広がり空間の間取りです。

同時にLDK間取りでは得られなかった、風通しがとても良くなる、太陽の光も空間の隅々まで届き明るい家になる。さらには毎日の暮らしの中で、家族のふれあいも自然に多くなります。

お客様の声

  1. https://ac-renove.com/sos/sos-4/また、北側…
  2. 同じ家の中なのに、明るい部屋と暗い部屋がある。また暑いくらいの部屋と同時に寒い部屋…
  3. 自然素材のリフォームで安心して過ごせる毎日をhttps://ac-renove.…
  4. 新しい家に住んだら広くなったせいか、あまり家族が顔をあわせなくなった。子供が学校から帰ってくると自…
  5. 木造アパートのリノベーション事例です。キッチンやユニットバスの交換はもちろん、基礎や構造の耐震…
PAGE TOP