PAC住宅空気の流れ

PAC住宅の通気層は太陽熱を集める集熱コレクター YouTube

PAC住宅工法シリーズ⑭ 

PAC住宅は屋根と壁に通気層を設けますが、一般の住宅とは違って外気は流しません。

一般の住宅は外気で湿気を抜くことが目的ですが、PAC住宅は冬の太陽熱の集熱が目的ですから、建物内の空気を暖めるように通気層の上下で建物内の空間、躯体内空間とつながっています。

また、夜間にはPAC住宅の通気層は静止空気層となり断熱層に変わります。PAC住宅の通気層は、昼は集熱、夜は断熱と二つの役割をしています。夏はスーパー越屋根換気から熱気は速やかに放出され小屋空間にたまることはありません。

お客様の声

  1. https://ac-renove.com/sos/sos-4/また、北側…
  2. 同じ家の中なのに、明るい部屋と暗い部屋がある。また暑いくらいの部屋と同時に寒い部屋…
  3. 自然素材のリフォームで安心して過ごせる毎日をhttps://ac-renove.…
  4. 新しい家に住んだら広くなったせいか、あまり家族が顔をあわせなくなった。子供が学校から帰ってくると自…
  5. 木造アパートのリノベーション事例です。キッチンやユニットバスの交換はもちろん、基礎や構造の耐震…
PAGE TOP