PAC住宅空気の流れ

PAC住宅の通気層は太陽熱を集める集熱コレクター YouTube

PAC住宅工法シリーズ⑭ 

PAC住宅は屋根と壁に通気層を設けますが、一般の住宅とは違って外気は流しません。

一般の住宅は外気で湿気を抜くことが目的ですが、PAC住宅は冬の太陽熱の集熱が目的ですから、建物内の空気を暖めるように通気層の上下で建物内の空間、躯体内空間とつながっています。

また、夜間にはPAC住宅の通気層は静止空気層となり断熱層に変わります。PAC住宅の通気層は、昼は集熱、夜は断熱と二つの役割をしています。夏はスーパー越屋根換気から熱気は速やかに放出され小屋空間にたまることはありません。

お客様の声

  1. 犬好きか否かは、育った環境で決定づけられる気がする。ちなみに私は生まれた時から現在に至るまで犬か猫…
  2. 犬と暮らすということ
    わが家は柴犬のピピともも、甲斐犬のカイと女の子ばかりの多頭飼い。一人っ子と多くの兄弟の中で育った子…
  3. 自然エネルギーの威力に驚いています福島県会津若松市K様(築1年)以前の…
  4. 何世代も住める日本の『家』。住めば住むほど、愛着を覚える『家』。暮らしやすく、健康になる『家』。誰…
  5. スローライフ
    (岐阜県多治見市・Sさん、2000年建築)今、自然と共に生きることの素晴らしさを実感してい…
PAGE TOP