PAC住宅空気の流れ

PAC住宅の通気層は太陽熱を集める集熱コレクター YouTube

PAC住宅工法シリーズ⑭ 

PAC住宅は屋根と壁に通気層を設けますが、一般の住宅とは違って外気は流しません。

一般の住宅は外気で湿気を抜くことが目的ですが、PAC住宅は冬の太陽熱の集熱が目的ですから、建物内の空気を暖めるように通気層の上下で建物内の空間、躯体内空間とつながっています。

また、夜間にはPAC住宅の通気層は静止空気層となり断熱層に変わります。PAC住宅の通気層は、昼は集熱、夜は断熱と二つの役割をしています。夏はスーパー越屋根換気から熱気は速やかに放出され小屋空間にたまることはありません。

お客様の声

  1. 住まんとわからん
    (東京都八王子市。Kさん、2001年建築)我が家がPAC住宅となって2年が過ぎました。頭で…
  2. pac住宅に脱房
    (大阪府泉佐野市.Kさん、2002年建築)家を建てるにあたって、私たちがこだわったことは、…
  3. 大胆な発想の家
    (神奈川県厚木市 Iさん、2002年建築)家を建てるなら、設計士さんに依頼し、自分たちの望…
  4. 住まいの健康を手に入れて
    (熊本県熊本市.Uさん、2000年建築)二人目の子どもがお腹にいるとき(199…
  5. 反対の父が今では大賛成
    (東京都目黒区.Tさん、1999年建築)平成10年初め、私は大きなお腹を抱えながら家づくり…
PAGE TOP