冬でも空気が流れる

PAC住宅は空気の流れにまかせて効率UP  YouTube

PAC住宅工法シリーズ⑮ 

PAC住宅の空気循環=エアサイクルの流れは、ファンなどを使わずに空気の流れそのもの、空気の性質に任せ切った方が素晴らしい効果は発揮します。

空気は温度によって重さを変えます。そして空気自身が温度センサーなのです。空気は躯体内空間のすべてに存在していますから、その無数の温度センサーで温度差を感知し、温度によって空気自身の重さを変え、暖かければ上昇し、冷えれば重くなり下降します。

しかも精密に測定し精密に動きますから、空気のお任せの方が温度差がよりなくなっていきますます。

お客様の声

  1. https://ac-renove.com/sos/sos-4/また、北側…
  2. 同じ家の中なのに、明るい部屋と暗い部屋がある。また暑いくらいの部屋と同時に寒い部屋…
  3. 自然素材のリフォームで安心して過ごせる毎日をhttps://ac-renove.…
  4. 新しい家に住んだら広くなったせいか、あまり家族が顔をあわせなくなった。子供が学校から帰ってくると自…
  5. 木造アパートのリノベーション事例です。キッチンやユニットバスの交換はもちろん、基礎や構造の耐震…
PAGE TOP