住宅デザイン3つのアプローチYouTube

住宅のデザインには主に三つの方向性があります。

お好みのスタイルですすめていくことができます。

1. 建物の外観スタイルからする様式デザイン。

2. 生活・暮らしからデザインするスタイル。

3. 土地の制約からデザインをすすめる方法。

1番は、伝統的とも言える手法で数寄屋とか民家、ヨーロッパやアメリカの伝統様式あるいはライトなど有名建築家のデザインの型を前提にすすめていきます。

2番は、PACがこれまで多く採ってきた手法です。建物は暮らしの器という考えに基づいて、家族の生活、家族構成などこれからの変化、趣味、感性などを大切にして、風通しがいいか、太陽の光が隅々まで届くか、地震に強いか、壁の中の空気の流れはいいか、などを踏まえて間取りをつくっていきます。

3番は、都市部の比較的小さな土地に当てはめる設計手法。建蔽率、容積率、斜線制限などからその土地に建てられる立体ボリュームが必然的に決まります。その中で間取りや外観デザインをつくっていくという手法で小さな土地を最大限に生かしていく方法です。空気の家プロジェクトの提案です。

お客様の声

  1. 雪国でも吹抜け
    (新潟県新発田市.Tさん、2000年建築)2000年4月に入居し、この1年は単身赴任で東京…
  2. 感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  3. 階段であいさつ
    愛知県日進市。Tさん、1999年建築)人の衣替えよりも少し早い時期、ゴールデンウイークを過…
  4. 住まんとわからん
    (東京都八王子市。Kさん、2001年建築)我が家がPAC住宅となって2年が過ぎました。頭で…
  5. 住まいの健康を手に入れて
    (熊本県熊本市.Uさん、2000年建築)二人目の子どもがお腹にいるとき(199…
PAGE TOP