健康な住宅リフォームの大前提YouTube

日本の建物は湿気の対策が第一。

耐震補強しても湿気に弱いままでは長期に亘る耐震性は期待できません。

湿気には立ち向かう、勝つ、封じ込めるという発想ではうまくいきません。

勝つのではなく、調和していくという東洋的発想が求められます。

湿気と調和していくためには、風通し、太陽の恵み、調湿材料が三大要素といえます。この三つの要素をリフォームに取入れていけば、単にし湿度バランスのいい家になるばかりでなく、上手に工夫をしていけばパッシブソーラー的にもなり、自然のエネルギーで夏は涼しく、冬は暖かい家も可能となります。

お客様の声

  1. スローライフ
    (岐阜県多治見市・Sさん、2000年建築)今、自然と共に生きることの素晴らしさを実感してい…
  2. 真冬や真夏に訪れるお客様が感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  3. 大工の腕がいい
    (神奈川県横浜市 Iさん、2001年建築)気に入った土地が見つかり、土地売買契約をしてから…
  4. シックハウスから健康住宅へ
    (兵庫県津名郡・Aさん、2002年建築) 私の場合、多少の自然志向はあったものの家…
  5. ヒーリング ハウス 居心地 健康 
    居ながらにして森を感じる「ヒーリングハウス」です(東京都世田谷区.Mさん、2001年建築)…
PAGE TOP