広がり空間小さくつくって広々暮らす家

小さくつくって広々暮らす 広がり空間の間取り YouTube

広い家 = 大きい家  ということではありません。 

建築面積の大きい家でも狭苦しい家もありますし、建築面積が小さな家でも広々と感じられる家もあります。

例えば、100坪の家でも6畳の個室だらけでは、どこに行っても狭くしか感じられないでしょうし、20坪の家でも、空間がつながっていて20畳もあれば広々と感じられます。

ここに間取りの大きなヒントがあります。小さくつくって広々暮らす、そのコンセプトのもとに1984年から「広がり空間」の間取りを提案しています。

お客様の声

  1. (神奈川県横浜市 Iさん、2001年建築)気に入った土地が見つかり、土地売買契約を…
  2. シックハウスの体験から「安全第一」を求めて  (兵庫県津名郡・Aさん、2002年建…
  3. 川崎市中原区のS様ご一家をお訪ねしました2004年12月竣工 平成24年4月29日川崎市の…
  4. 1997年8月竣工連休中の5月5日、神奈川県横須賀市にK様ご一家をお訪ねしました。…
  5.        2012.4.22訪問 エアサイクルハウジング 三宅貴根 内藤千春広がりのあ…
PAGE TOP