広がり空間小さくつくって広々暮らす家

小さくつくって広々暮らす 広がり空間の間取り YouTube

広い家 = 大きい家  ということではありません。 

建築面積の大きい家でも狭苦しい家もありますし、建築面積が小さな家でも広々と感じられる家もあります。

例えば、100坪の家でも6畳の個室だらけでは、どこに行っても狭くしか感じられないでしょうし、20坪の家でも、空間がつながっていて20畳もあれば広々と感じられます。

ここに間取りの大きなヒントがあります。小さくつくって広々暮らす、そのコンセプトのもとに1984年から「広がり空間」の間取りを提案しています。

お客様の声

  1. 雪国でも吹抜け
    (新潟県新発田市.Tさん、2000年建築)2000年4月に入居し、この1年は単身赴任で東京…
  2. 感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  3. 階段であいさつ
    愛知県日進市。Tさん、1999年建築)人の衣替えよりも少し早い時期、ゴールデンウイークを過…
  4. 住まんとわからん
    (東京都八王子市。Kさん、2001年建築)我が家がPAC住宅となって2年が過ぎました。頭で…
  5. 住まいの健康を手に入れて
    (熊本県熊本市.Uさん、2000年建築)二人目の子どもがお腹にいるとき(199…
PAGE TOP