広がり空間小さくつくって広々暮らす家

小さくつくって広々暮らす 広がり空間の間取り YouTube

広い家 = 大きい家  ということではありません。 

建築面積の大きい家でも狭苦しい家もありますし、建築面積が小さな家でも広々と感じられる家もあります。

例えば、100坪の家でも6畳の個室だらけでは、どこに行っても狭くしか感じられないでしょうし、20坪の家でも、空間がつながっていて20畳もあれば広々と感じられます。

ここに間取りの大きなヒントがあります。小さくつくって広々暮らす、そのコンセプトのもとに1984年から「広がり空間」の間取りを提案しています。

お客様の声

  1. スローライフ
    (岐阜県多治見市・Sさん、2000年建築)今、自然と共に生きることの素晴らしさを実感してい…
  2. 真冬や真夏に訪れるお客様が感嘆の声を上げられます
    (三重県県上野市.Nさん、2000年建築)私がPAC住宅を知るきっかけとなったのは、199…
  3. 大工の腕がいい
    (神奈川県横浜市 Iさん、2001年建築)気に入った土地が見つかり、土地売買契約をしてから…
  4. シックハウスから健康住宅へ
    (兵庫県津名郡・Aさん、2002年建築) 私の場合、多少の自然志向はあったものの家…
  5. ヒーリング ハウス 居心地 健康 
    居ながらにして森を感じる「ヒーリングハウス」です(東京都世田谷区.Mさん、2001年建築)…
PAGE TOP