広がり空間

中廊下をなくして広々暮らす 広がり空間    YouTube

戦後、日本の住宅の間取りは何LDKに支配されてきました。

独立した部屋ををいかに確保するかに終始してきた結果、各部屋は狭く、ドアだらけで風通しも悪く、太陽の光も北側には届かず、極端に明るい部屋と暗い部屋が混在している家になってしまいました。

家族もどこにいるかがわかりずらく、ふれあいも減ってしまいました。

その何LDKの間取りを象徴するのが、中廊下です。

何LDKの間取りは玄関ホールから中廊下がのび、その中廊下から各部屋に入ります。それが何LDK間取りのスタイル。いわば中廊下で空間が分断されているといえます。

その結果、狭い、暗い、風通しが悪い、家族がどこにいるのかが分からず、家族のふれあいが減りました。

PAC住宅は、何LDKとは逆に中廊下のない広がり空間の間取りを1984年から提唱し続けています。

お客様の声

  1. ひとつのところでなんでも出来るように。みんながいる場所で。まるで平屋のような。この…
  2. 東京都狛江市 Tさん   家族構成 夫・妻・こども2人 以前住んでいたマンションでは結露に…
  3. (東京都練馬区.Fさん、1997年建築)築29年を迎えていた住まいの建替えに際し、実質的で…
  4. 仲良くなる家
    in English 国分寺Oさん建坪9.7坪の中に欲しいモノをいっぱい詰め込んで…
  5. 栃木県Nさん2002年建築夏の最高気温が39、40℃といわれている中で、那須高原にあるわが…
PAGE TOP