YouTube 小さくつくって広々暮らす広がり空間の間取り 2分8秒

広い家 = 大きい家  

ということではありません。 

建築面積の大きい家でも狭苦しい家もありますし、建築面積が小さな家でも広々と感じられる家もあります。

例えば、100坪の家でも6畳の個室だらけでは、どこに行っても狭くしか感じられないでしょうし、20坪の家でも、空間がつながっていて20畳もあれば広々と感じられます。

ここに間取りの大きなヒントがあります。小さくつくって広々暮らす、そのコンセプトのもとに1984年から「広がり空間」の間取りを提案しています。

お客様の声

  1. https://ac-renove.com/sos/sos-4/また、北側…
  2. 同じ家の中なのに、明るい部屋と暗い部屋がある。また暑いくらいの部屋と同時に寒い部屋…
  3. 自然素材のリフォームで安心して過ごせる毎日をhttps://ac-renove.…
  4. 新しい家に住んだら広くなったせいか、あまり家族が顔をあわせなくなった。子供が学校から帰ってくると自…
  5. 木造アパートのリノベーション事例です。キッチンやユニットバスの交換はもちろん、基礎や構造の耐震…
PAGE TOP